京都 東寺

先日、JR京都駅から比較的近い東寺へ歩いて行きました。

東寺は、空海(弘法大師)ゆかりの寺院で、多くの国宝や重要文化財があり、
とても荘厳な雰囲気で見応えがありました。

境内にある金堂(国宝)は、平安遷都と共に建立された東寺の本堂。
内部には薬師三尊(薬師如来、日光菩薩、月光菩薩)と、十二神将が安置されています。

金堂の横にある講堂(重文)の内部は、仏像がずらりと並ぶ「立体曼荼羅(まんだら)」
(密厳浄土の世界)。真言密教の教えを形にした二十一尊は、大日如来を中心とした
五智如来をはじめ、十五尊が創建当初のまま残る傑作で、仏の世界を少しでも人々に
感じさせ、理解させたいという空海の願いが表現された空間になっていました。

五重塔(国宝)は、総高55mで東寺の象徴。現存する日本の古塔で最も高い木造建築です。
c0338583_17174040.jpg

境内にある庭園。少し色づいたもみじが池に映し出され、とても美しい風景でした。
c0338583_17192993.jpg

c0338583_17211658.jpg

c0338583_17214570.jpg
五重塔が映し出された池には、
大きな錦鯉が悠々と泳いでいて、
とても風情ある庭園でした。

東寺を後にし、東門近くにあった
佃煮屋「あめ久」さんに寄りました。
昔ながらの小さなお店で
ここの松茸昆布が人気あるとのこと。
とても美味しそうな佃煮でしたので
ついつい買って帰りました。

東寺はイベントも多くあり、
JR京都駅からとても近いので
機会があれば、また寄ってみたい
と思います。
[PR]
by isshiyu143 | 2014-10-29 18:18 | 京都 | Comments(0)
<< 茨木 バラ園(1) 京都 本願寺献菊展 >>