京都 城南宮

先週の土曜日、方除・厄除・交通安全の神様として知られている城南宮へ行ってきました。
新車を購入したときは、必ずここへ車のお祓いに来ます。
今回は、来月予定してる旅行の安全と日頃の交通安全を祈願しました。
c0338583_17395363.jpg

城南宮は、平安時代の貴族の雅な遊びを再現した「曲水の宴」でも有名です。
平安貴族の衣装に身を包み、庭園を流れる遣水という小川に羽しょうという物を乗せた朱盃を流し、
自分の所に来るまでに和歌を詠んで盃のお酒をいただくというもの。毎年4月と11月に平安の庭で催されます。
平安の庭の紅葉が少しずつ色づき始めていました。
c0338583_17403314.jpg

黄色も鮮やか水辺に映えていたツワブキ。
c0338583_17411492.jpg
c0338583_17415049.jpg

城南宮を後にして、まず向かったのが、
すぐ近くにある南仏料理店「ビストロ暖蘭(だんらん)」さん。
ここの料理は味付けがしっかりしてボリュームもあり美味しいのでついつい寄りたくなります。
c0338583_18125825.jpg

今回はテリヤキチキンをいただきました。やみつきになりそうです。
c0338583_1817332.jpg

次に向かったのたは、城南宮から国道を隔てて向こう側にある「おせきもち」さん。
創業450年、鳥羽街道の茶屋に起源を発し、看板娘の「おせき」から品名、屋号となったとのこと。
幕末には、鳥羽伏見の戦いでお店が焼けたりとか、新撰組の近藤勇が訪れたというエピソードも残る老舗。
c0338583_1831161.jpg

お餅の上に丹波大納言の粒あんが乗っていて、編み笠の形をしているのが特徴で、
甘すぎず飽きのこないあっさりした味でした。
c0338583_18313182.jpg

[PR]
by isshiyu143 | 2014-11-15 18:52 | 京都
<< 京都 東福寺(1) モミジバフウ(紅葉葉楓) >>