京都 圓光寺 sanpo

詩仙堂を後にして、
今年の紅葉狩りで是非訪れたいと思っていた圓光寺に行きました。
紅葉の時期の”散り紅葉・敷紅葉”が美しい庭があることで知られる臨済宗南禅寺派の寺院。
山門を入ると枯山水「奔龍庭」があり、
中門を抜けると苔と紅葉、敷紅葉の美しい「十牛之庭」と
洛北でもっとも古い池「栖龍池」や澄んだ音色が響く「水琴窟」があります。

圓光寺は書院の軒先の柱を額縁に見立てて庭園「十牛之庭」を楽しむ『額縁庭園』で有名です。
十牛とは禅の悟りにいたる道筋を表したもので、牛に見える十の石が配されています。
c0338583_1330464.jpg

庭園を散策すると紅葉の森の中にいるようでした。
c0338583_13341527.jpg
c0338583_13352040.jpg

庭園のなかに小さなお地蔵さまが。
c0338583_13344868.jpg

鐘楼を飾る色とりどりの紅葉。
c0338583_13373286.jpg

宝物殿の瑞雲閣から眺める紅葉は、書院とは違う趣きで十牛の庭を堪能できます。
こちらでも額縁に見立てて庭を見ることができます。
c0338583_13381587.jpg
c0338583_13384428.jpg

圓光寺の庭園は本当に素晴らしく、美しい紅葉を堪能することができました。
紅葉の時期に1日50名限定で早朝の特別拝観があるとのこと。
美しい紅葉と静粛な空間をゆっくり楽しめそうです。
また”散り紅葉・敷紅葉”の時期に来たいなと思いました。
[PR]
by isshiyu143 | 2014-11-30 16:01 | 京都 | Comments(0)
<< 梅田 ジオラマ&ツリー 京都 詩仙堂 >>