京都 大山崎山荘美術館



梅雨の晴れ間になった今日、久しぶりに大山崎山荘美術館へ行きました。
ここは、関西の実業家・加賀正太郎の別荘として、大正から昭和にかけ建設された英国風山荘。
現在は美術館として公開されています。
コレクションの中で最も有名なのが、印象派モネの「睡蓮」。


丁度この時期、睡蓮の花が庭園の池で咲いていました。
c0338583_19314727.jpg






c0338583_19333570.jpg






大山崎山荘美術館の本館。
c0338583_19350106.jpg





大山崎山荘美術館へ行く途中にあるレンガ造りのトンネル。
c0338583_19355328.jpg





門灯も趣きがあります。
c0338583_19364371.jpg





大山崎山荘美術館の本館入口。
c0338583_19372133.jpg





c0338583_19375962.jpg






庭園には、睡蓮のほか紫陽花なども咲いていました。
c0338583_19390538.jpg






c0338583_19400000.jpg






c0338583_19410089.jpg





c0338583_19413635.jpg






c0338583_19421421.jpg






c0338583_19430345.jpg






池の横にあるレンガ造りの柱と石畳の遊歩道。
c0338583_19434855.jpg





c0338583_19442303.jpg






c0338583_19445324.jpg





庭園の広場にあるウサギの彫刻と大山崎山荘美術館。
c0338583_19452977.jpg


新緑に囲まれた約5500坪の庭園には数多くの植物があり、
美術品以外でもゆっくり鑑賞して過ごすことができるので
また違う季節に訪れたいと思います。






[PR]
by isshiyu143 | 2015-06-10 20:40 | 京都 | Comments(0)
<< 祇園祭 鉾建て 神戸 須磨離宮公園ローズフェス... >>