祇園祭 鉾建て


昨日の京都は35℃近い暑さになり、いよいよ夏本番。
祇園祭の前祭(さきまつり)の山鉾巡行を前に、四条烏丸界隈で鉾建てが始まりました。
長刀鉾・函谷鉾・月鉾・鶏鉾・菊水鉾などが、縄絡みという伝統技法で釘を使わず縄だけで
美しく組み立てられていました。


四条烏丸の東側にある長刀鉾。
長刀鉾は、山鉾巡行の先頭で稚児が乗る鉾。鉾頭には大長刀をつけています。
c0338583_17124282.jpg
 




縄絡みは巡行での揺れによる歪を吸収できるそうで、美しい縄模様に仕上がっています。
c0338583_17194608.jpg






c0338583_17282736.jpg




四条烏丸の西側にある函谷鉾。すでに屋根が飾られていました。
c0338583_17564548.jpg





鉾建ては、本体を横にしてこの真木を本体に固定してから引き起こします。
c0338583_17593264.jpg




菊水鉾は、狭い場所でウィンチを使ってゆっくりと引き起こされました。
c0338583_18001711.jpg




函谷鉾の西側にある月鉾。鉾頭の三日月はとても高い位置にあります。     
c0338583_18005519.jpg

17日は前祭の山鉾巡行(23基の山鉾)、24日は後祭の山鉾巡行(10基の山鉾)があります。
今年は観れるかな?





[PR]
by isshiyu143 | 2015-07-12 20:02 | 京都 | Comments(0)
<< 祇園祭 後祭 山鉾曳き初め 京都 大山崎山荘美術館 >>