祇園祭 後祭 山鉾曳き初め



今日の京都は35℃を超える猛暑日、後祭の山鉾曳き初めがありました。
曳き初めは、山鉾巡行に向けて建てられた山鉾の試運転で、一般の人も綱を引っ張ることができます。

後祭(24日)の山鉾は全部で10基。
昨年から150年ぶりに復帰した大船鉾(おおふねほこ)と北観音山、南観音山を観に行きました。

南観音山の曳き初め。
祇園囃子も奏でて、「エンヤラヤー」の声と共に数百メートルほどの距離を本番のように往復しました。
c0338583_20244268.jpg






c0338583_20252986.jpg






c0338583_20265161.jpg






c0338583_20275296.jpg





山鉾の天水引や下水引が色鮮やかに飾られています。
c0338583_20291830.jpg




北観音山の山鉾は南観音山のすぐ北側にあります。
c0338583_20302187.jpg





下水引が今年新調されたそうで刺繍がとても素晴らしいです。
c0338583_20325859.jpg




京町屋に飾られていた模型。
c0338583_20352934.jpg




大船鉾の曳き初め。
ここは人気が一番高く、狭い道路に人が溢れてスタッフや警察の方が
誘導しながら時間遅れで曳き初めが行われました。
c0338583_20371730.jpg






c0338583_20391369.jpg






c0338583_20401144.jpg






c0338583_20412549.jpg






c0338583_20420272.jpg


先日の前祭山鉾巡行は台風11号の影響で、実施が危ぶまれましたが決行されました。
山鉾巡行は神輿渡御(みこしとぎょ)の露払いとして悪霊を集める祭礼とされ、
原則は「小雨決行、大雨強行」で悪天候を理由での中止は過去ないとのこと。
24日の後祭山鉾巡行も台風12号が近づく気配、出来ればいい天気での山鉾巡行に
なればいいのですが。






[PR]
by isshiyu143 | 2015-07-20 21:55 | 京都 | Comments(0)
<< 天神祭 船渡御 祇園祭 鉾建て >>