城南宮 しだれ梅と椿まつり(2)


城南宮の「しだれ梅と椿まつり」(1)の続きになります。


城南宮では、しだれ梅と同時に約300本のいろいろな種類の椿の花も咲いていました。
城南椿は、しだれ梅の近くにも植えられているので、椿と梅を同時に観賞することができます。
c0338583_18141006.jpg







苔の上に落ちた赤色の城南椿もなかなか風情があります。
c0338583_18144589.jpg







有楽(太郎冠者)という綺麗なピンク色の椿。
c0338583_18151152.jpg







薄いピンク色の八重咲きの乙女椿。
c0338583_18154236.jpg








紅白のしだれ梅と苔、そして赤色の城南椿とのコントラストがとても美しく印象的でした。
c0338583_18203029.jpg







椿を観た後、梅の香りが漂う神苑でもう一度美しいしだれ梅を楽しみました。
c0338583_18022840.jpg









c0338583_18025854.jpg








c0338583_18031870.jpg









c0338583_18131645.jpg








「春の山」から「平安の庭」へ向かう途中にある神楽殿の横に咲いていた梅。
c0338583_18232501.jpg








c0338583_18235160.jpg







神苑を出て、城南鳥居に戻りました。
今回、城南宮の梅と椿の美しさを十分堪能し、満足感でいっぱいになりました。
c0338583_18241885.jpg




[PR]
by isshiyu143 | 2016-03-05 20:25 | 京都 | Comments(0)
<< 京都市美術館 モネ展『印象、日の出』 城南宮 しだれ梅と椿まつり(1) >>