東寺 不二桜のライトアップ


ここ数日の気温で各地の桜が満開になり、
昨日の土曜日(4月2日)、東寺の夜桜を観に出かけました。


ライトアップの開門時間は18:30ですが、すでに300m近い行列ができていて凄い人気です。
20分位並んでやっと境内に入ることが出来ました。


東寺の境内には約200本の桜があり、境内入口付近に樹齢130年の不二桜があります。
美しくライトアップされた五重塔と不二桜は、古都の風情を感じる素晴らしい眺めです。

c0338583_13443685.jpg






この桜は「八重紅枝垂れ桜」と呼ばれ、弘法大師が唐から帰国して1200年を記念して
平成18年に三重県より移植されたそうです。

c0338583_13451585.jpg









c0338583_13454960.jpg









c0338583_13470852.jpg







不二桜という名前は、弘法大師の不二の教えから命名されたそうです。

c0338583_13463252.jpg







境内の池に映し出される不二桜。

c0338583_13473461.jpg







不二桜の横には、薬師三尊の金堂や大日如来の講堂があります。

c0338583_13480299.jpg







いつまでも観ていたい眺めです。

c0338583_13490727.jpg









c0338583_13493487.jpg



素晴らしい不二桜を観たあと、満開のソメイヨシノを観に境内の奥へ向かいました。






[PR]
by isshiyu143 | 2016-04-03 16:12 | 京都
<< 東寺 五重塔とソメイヨシノ 京都御所 出水の桜 >>