清里高原 吐竜の滝


川俣東沢渓谷にある吐竜の滝は、落差10mで幅15mあります。
八ヶ岳南東麓の地下水が溶岩層を通って湧き出した水が川俣川に滝となって流れ落ちています。
緑におおわれた岩間から絹糸のように流れ落ちる神秘さから「竜の吐く滝」と名づけられたそうです。

何段にもなって落ちる滝の姿は風情があり、川俣川渓谷にいくつかある滝の中で最も美しいと言われています。
c0338583_16004472.jpg








滝へ向かう途中にある橋の上から見たところです。滝の付近はミストで覆われています。
c0338583_15570227.jpg









滝幅が広いので、いろいろな角度から見ることができます。
c0338583_15575044.jpg








苔の緑も美しく、日本庭園のような趣があります。
c0338583_15590965.jpg









c0338583_15594018.jpg








滝の近くはミストでたっぷりのマイナスイオンに包まれていました。
c0338583_15555394.jpg









ひんやりした空気と澄んだ冷たい水がとても気持ち良かったです。
c0338583_16000807.jpg









c0338583_16011233.jpg









遊歩道の入口にあった看板。清里の開拓者ポール・ラッシュの写真と彼の言葉が書かれていました。
c0338583_16013189.jpg



自然に囲まれた吐竜の滝では、たっぷりのマイナスイオンがあり、
澄んだ空気と水と緑が豊かで清涼感に溢れ、暫し癒やしの時間を満喫することができました。






[PR]
by isshiyu143 | 2016-08-28 18:53 | 信州
<< 八ヶ岳 鹿と遭遇 清里高原 渓谷の自然を満喫 >>