美しき日本の絶景「元乃隅稲成神社」


角島大橋の次に訪れたのが、山口県長門市の本州最西北にある元乃隅稲成神社(もとのすみいなりじんじゃ)。
角島大橋から約40km離れたところにあり、2015年にアメリカのテレビ局・CNNの
「Japan’s 31 most beautiful places: 日本の最も美しい場所31選 」に選ばれた場所です。


コバルトブルーの日本海と緑色の山肌の中に朱色の鳥居がアクセントとなり、美しい風景を醸し出していました。

c0338583_16345676.jpg









海側にある鳥居から神社に入って行きます。
c0338583_16351999.jpg









100m以上にわたって123基の鳥居が並んでいます。
c0338583_16354256.jpg









時折、海を眺めながら鳥居をくぐって行きました。
c0338583_16361003.jpg









途中、日本海の海岸が展望できる場所で休憩。綺麗な景色で爽快な気持になります。
c0338583_16363373.jpg









鳥居の後半は、少し勾配がきつい階段を上っていきます。
c0338583_16365508.jpg









一番上側の鳥居までやってきました。
c0338583_16373852.jpg









上から眺めた鳥居の行列。
c0338583_16375786.jpg









鳥居の先にある断崖は「国指定天然記念物及び名勝」に認定された「龍宮の潮吹」。
岩壁に打ち寄せた波が「龍宮」と呼ばれる波で削られた洞に入り込み、大きな音を立てながら
白い波しぶきが吹き上げる場所で、少しだけ見ることが出来ました。
c0338583_16381452.jpg









全国で3万社以上の稲荷神社があり、そのほとんどは「稲荷神社」と書きますが、ここは「稲成神社」と書きます。
「成」の字は、成就に由来していて、様々な願いが叶うといった意味が込められているそうです。
せっかくなので、道中の交通安全もお願いしました。
c0338583_16385193.jpg




[PR]
by isshiyu143 | 2017-05-04 19:54 | 山口 | Comments(0)
<< 海が見渡せる美しい棚田 夕暮れの角島大橋 >>