カテゴリ:京都( 61 )

京都 彼岸花の里(1)


彼岸花(曼珠沙華)が見頃の時期になり、昨日「彼岸花の里」京都の亀岡市へ行きました。
亀岡の田園地帯は、あぜ道に彼岸花の群生があり、いたるところで彼岸花に出会うことができます。

青空のもと色鮮やかな彼岸花の赤と黄金色の稲穂との風景を楽しみました。
c0338583_14263402.jpg






c0338583_14295105.jpg






c0338583_14311966.jpg






c0338583_14305177.jpg






c0338583_14362865.jpg






c0338583_14334780.jpg






c0338583_14341721.jpg






c0338583_14344297.jpg






c0338583_14351523.jpg






c0338583_14331824.jpg


澄んだ青空のもと美しい秋の風景を眺めながらのんびりと過ごすことができました。
この後もう一か所、穴太寺付近に咲いている彼岸花を見に行きました。






[PR]
by isshiyu143 | 2015-09-23 15:58 | 京都 | Comments(0)

平安神宮 神苑


京都市美術館を後にし、次に向かったのが平安神宮の神苑。
シルバーウィーク初日の19日は、神苑が無料公開されていました。
神苑は社殿の建物を囲んで、東・中・西・南の四つの庭に分かれ、約一万坪あまりの広大な庭園となっています。

東神苑にある栖鳳池に建つ尚美館(貴賓館)。
c0338583_22180297.jpg







緑でおおわれた広大な苑内には、約500株の赤紫や白の萩が小さく彩りを添えていました。
c0338583_22212507.jpg







中神苑の蒼龍池には
臥龍橋という風情のある飛び石が配置されています。
c0338583_22382994.jpg







この池には、たくさんの赤や黄や白の睡蓮の花が美しく咲いていました。
c0338583_22412217.jpg







東神苑の栖鳳池にかかる泰平閣(橋殿)。
c0338583_22171127.jpg







泰平閣(橋殿)の通路両脇には腰を掛けるようになっていて、ここでゆっくりと景色を眺めることができます。
c0338583_22185199.jpg







南神苑では、細道沿いに伊勢物語や古今和歌集など平安時代の書物に登場する200種余りの草花が植えられていました。
c0338583_23240155.jpg
c0338583_23243591.jpg








c0338583_23254087.jpg
c0338583_23262323.jpg








c0338583_23270984.jpg
c0338583_23282833.jpg








c0338583_23291827.jpg
c0338583_23295791.jpg







明治時代に京都で走っていた日本最古の電車もここで保存されていました。
c0338583_23311039.jpg







今回、神苑に初めて入りましたが、とても広くて見応えのある日本庭園で、のんびりとした時間を楽しむことができました。
c0338583_22141335.jpg



神苑では四季折々のいろいろな植物が楽しめます。
特に紅しだれ桜が見事で、今春の「そうだ 京都、行こう。」キャンペーンポスターになっています。
また、毎年開催される「平安神宮 紅しだれコンサート」では、ライトアップされて栖鳳池に映る
幻想的な夜の紅しだれ桜を見ながら音楽を楽しむことができるということで、来年は是非行きたいなと思っています。






[PR]
by isshiyu143 | 2015-09-22 18:15 | 京都 | Comments(0)

京都 岡崎界隈


シルバーウィークの初日。
秋の気配が感じらる今日この頃、天気がいいので京都の岡崎界隈へ出かけました。
c0338583_10093277.jpg



京都市美術館では、ルーヴル美術館展が今月27日まで開催されています。
今月で終わりなので開館前から行列ができていました。

来年の3月にはマルモッタン・モネ美術館展がやってきます。
以前、「印象、日の出」と「睡蓮」を観にパリのマルモッタン美術館へ行ったときは、
「印象、日の出」が貸出中で観ることができませんでした。
今度は、その「印象、日の出」も来るので是非観に行きたいと思います。
c0338583_10095473.jpg






京都市美術館の裏側に初めてまわってみました。
裏側も重厚感のある建物になっています。
c0338583_10101881.jpg







扉も重厚感があり、装飾も金色で立派でした。
c0338583_10104320.jpg







京都市美術館の前を流れる琵琶湖疎水沿いに彼岸花が咲いていました。
c0338583_10113170.jpg







疎水沿いに赤い色が映えて、秋の訪れを感じます。
c0338583_10115341.jpg





岡崎には、行列のできる有名な人気店が2軒並んであります。
以前から行って食べてみたかったのですが、いつ行っても行列ができているので諦めていました。
今回は行列覚悟で開店30分前から「岡北」へ行き並びました。
この「岡北」のとなりの「山元麺蔵」にはもっと行列ができていて、すでに30人以上並んでいました。
c0338583_10122123.jpg



ずっと食べたかった「天とじうどん」。
ふわふわのたまごで、海老もカラッと揚げて海老の甘みが出てとても美味しいです。
そして出汁のうまみが、ものすごく美味いので驚きました。
うどんは京うどんで柔らかく私好みです。
期待した通りの美味しさで大変満足しました。
c0338583_10124988.jpg


鑑賞の秋、食欲の秋で、これから出かけるのが楽しくなる季節。
写真撮影も楽しみです。






[PR]
by isshiyu143 | 2015-09-21 12:36 | 京都 | Comments(0)

祇園祭 後祭 山鉾曳き初め



今日の京都は35℃を超える猛暑日、後祭の山鉾曳き初めがありました。
曳き初めは、山鉾巡行に向けて建てられた山鉾の試運転で、一般の人も綱を引っ張ることができます。

後祭(24日)の山鉾は全部で10基。
昨年から150年ぶりに復帰した大船鉾(おおふねほこ)と北観音山、南観音山を観に行きました。

南観音山の曳き初め。
祇園囃子も奏でて、「エンヤラヤー」の声と共に数百メートルほどの距離を本番のように往復しました。
c0338583_20244268.jpg






c0338583_20252986.jpg






c0338583_20265161.jpg






c0338583_20275296.jpg





山鉾の天水引や下水引が色鮮やかに飾られています。
c0338583_20291830.jpg




北観音山の山鉾は南観音山のすぐ北側にあります。
c0338583_20302187.jpg





下水引が今年新調されたそうで刺繍がとても素晴らしいです。
c0338583_20325859.jpg




京町屋に飾られていた模型。
c0338583_20352934.jpg




大船鉾の曳き初め。
ここは人気が一番高く、狭い道路に人が溢れてスタッフや警察の方が
誘導しながら時間遅れで曳き初めが行われました。
c0338583_20371730.jpg






c0338583_20391369.jpg






c0338583_20401144.jpg






c0338583_20412549.jpg






c0338583_20420272.jpg


先日の前祭山鉾巡行は台風11号の影響で、実施が危ぶまれましたが決行されました。
山鉾巡行は神輿渡御(みこしとぎょ)の露払いとして悪霊を集める祭礼とされ、
原則は「小雨決行、大雨強行」で悪天候を理由での中止は過去ないとのこと。
24日の後祭山鉾巡行も台風12号が近づく気配、出来ればいい天気での山鉾巡行に
なればいいのですが。






[PR]
by isshiyu143 | 2015-07-20 21:55 | 京都 | Comments(0)

祇園祭 鉾建て


昨日の京都は35℃近い暑さになり、いよいよ夏本番。
祇園祭の前祭(さきまつり)の山鉾巡行を前に、四条烏丸界隈で鉾建てが始まりました。
長刀鉾・函谷鉾・月鉾・鶏鉾・菊水鉾などが、縄絡みという伝統技法で釘を使わず縄だけで
美しく組み立てられていました。


四条烏丸の東側にある長刀鉾。
長刀鉾は、山鉾巡行の先頭で稚児が乗る鉾。鉾頭には大長刀をつけています。
c0338583_17124282.jpg
 




縄絡みは巡行での揺れによる歪を吸収できるそうで、美しい縄模様に仕上がっています。
c0338583_17194608.jpg






c0338583_17282736.jpg




四条烏丸の西側にある函谷鉾。すでに屋根が飾られていました。
c0338583_17564548.jpg





鉾建ては、本体を横にしてこの真木を本体に固定してから引き起こします。
c0338583_17593264.jpg




菊水鉾は、狭い場所でウィンチを使ってゆっくりと引き起こされました。
c0338583_18001711.jpg




函谷鉾の西側にある月鉾。鉾頭の三日月はとても高い位置にあります。     
c0338583_18005519.jpg

17日は前祭の山鉾巡行(23基の山鉾)、24日は後祭の山鉾巡行(10基の山鉾)があります。
今年は観れるかな?





[PR]
by isshiyu143 | 2015-07-12 20:02 | 京都 | Comments(0)

京都 大山崎山荘美術館



梅雨の晴れ間になった今日、久しぶりに大山崎山荘美術館へ行きました。
ここは、関西の実業家・加賀正太郎の別荘として、大正から昭和にかけ建設された英国風山荘。
現在は美術館として公開されています。
コレクションの中で最も有名なのが、印象派モネの「睡蓮」。


丁度この時期、睡蓮の花が庭園の池で咲いていました。
c0338583_19314727.jpg






c0338583_19333570.jpg






大山崎山荘美術館の本館。
c0338583_19350106.jpg





大山崎山荘美術館へ行く途中にあるレンガ造りのトンネル。
c0338583_19355328.jpg





門灯も趣きがあります。
c0338583_19364371.jpg





大山崎山荘美術館の本館入口。
c0338583_19372133.jpg





c0338583_19375962.jpg






庭園には、睡蓮のほか紫陽花なども咲いていました。
c0338583_19390538.jpg






c0338583_19400000.jpg






c0338583_19410089.jpg





c0338583_19413635.jpg






c0338583_19421421.jpg






c0338583_19430345.jpg






池の横にあるレンガ造りの柱と石畳の遊歩道。
c0338583_19434855.jpg





c0338583_19442303.jpg






c0338583_19445324.jpg





庭園の広場にあるウサギの彫刻と大山崎山荘美術館。
c0338583_19452977.jpg


新緑に囲まれた約5500坪の庭園には数多くの植物があり、
美術品以外でもゆっくり鑑賞して過ごすことができるので
また違う季節に訪れたいと思います。






[PR]
by isshiyu143 | 2015-06-10 20:40 | 京都 | Comments(0)

祇園白川の宵桜


円山公園の枝垂桜を観たあと、八坂神社を通って祇園白川へ行きました。
町家が並び、白川に沿って染井吉野や枝垂れ桜の桜並木と石畳。
昔ながらの風情を感じる美しい場所で、毎年桜のライトアップが行なわれています。


料亭などが建ち並ぶ白川の流れに沿って桜並木が続きます。
c0338583_22041057.jpg






c0338583_22054631.jpg




石畳の道は満開の桜で埋め尽くされていました。
c0338583_22114550.jpg






c0338583_22130139.jpg




突然風が吹き、桜の花びらが吹雪のように舞い飛んで、 「わー!きれい」と歓声が上がりました。
(少し分かりにくいですが、花びらが舞っている様子を撮っています。)
c0338583_22155312.jpg





白川にしなだれかかるように咲く桜。
c0338583_22184343.jpg



京都らしい風情ある場所で満開の桜を愉しむことができ、
今年も桜の美しさを堪能することが出来ました。






[PR]
by isshiyu143 | 2015-04-11 23:30 | 京都 | Comments(0)

円山公園の夜桜

円山公園は国の名勝にも指定されており、桜の名所として名高く、
園内には約680本の桜が植えられています。
中でも有名なのが公園のほぼ中央にある一重彼岸枝垂桜(ヒトエヒガンシダレザクラ)で、
別名「祇園の夜桜」。





c0338583_17345555.jpg






c0338583_17381705.jpg






c0338583_17322111.jpg






c0338583_17514303.jpg






c0338583_17361541.jpg


とても見応えのある美しい枝垂桜でした。
海外からの観光客や花見客も非常に多く、春の宵を愉しんでいました。










[PR]
by isshiyu143 | 2015-04-05 18:10 | 京都 | Comments(0)

東山界隈の桜

昨日、京都の東山へ桜を観に行きました。
天気予報では夕方から雨模様になるとのことでしたが、
桜が満開になって見頃のようなので出かけました。


             
            
             清水寺の仁王門。
c0338583_16382179.jpg


             
            
         
             三重塔の前の枝垂れ桜。
c0338583_16395254.jpg
             
             
              
           

             仁王門の横にある枝垂れ桜。
c0338583_16403020.jpg
              

             
              
          
             法観寺(八坂の塔)。
c0338583_16410080.jpg
           

             
            
             高台寺の裏道、石塀小路。
c0338583_16413137.jpg



このあとライトアップされた円山公園へ向かいました。









[PR]
by isshiyu143 | 2015-04-05 17:17 | 京都 | Comments(0)

京都   東山花灯路-2015

今月6日から15日まで開催されている「京都・東山花灯路」。
昨日、小雨の中、撮影に行ってきました。

「京都・東山花灯路」の期間中は、清水寺から青蓮院までの情緒豊かな散策路が約2,500もの露地行灯と
いけばな作品の花で彩られ、散策路沿いの寺院・神社でも特別拝観とライトアップが行われています。

露地行灯で照らされた石畳の坂道の奥に法観寺(八坂の塔)がライトアップされ、
古都の風情と美しさを映し出しています。
c0338583_13544973.jpg


夜空に浮かび上がる法観寺の五重の塔。
荘厳な雰囲気があります。
c0338583_13551444.jpg


八坂神社の西楼門にある伝統の彫刻技術でつくられた行灯。
c0338583_13552874.jpg


ねねの道と下河原通を結ぶ細い路地の「石塀小路」にも露地行灯が飾られていました。
雨の日は濡れた石畳に灯りが反射して、いちだんと幻想的な雰囲気を出しています。
c0338583_1356440.jpg


高台寺から円山公園に続く石畳にも露地行灯の灯りが点々と続きます。
c0338583_13562415.jpg


灯りと花の道にある京都の竹材工芸の技術を活かした露地行灯。
c0338583_13564393.jpg


花灯路の期間中、見るだけで幸せになるといわれる縁起のいい「狐の嫁入り巡行」があります。
狐のお面を付けた白無垢姿の花嫁が人力車に乗り込み、ライトアップされた東山の小路を
提灯を持った約30人の行列とともに巡行するというものです。

ねねの道で偶然、ちりんちりん・・・と鈴を鳴らしながら「狐の嫁入り巡行」の行列が来ました。
c0338583_1357946.jpg


ライトアップされた清水寺の仁王門と三重塔。
c0338583_13574099.jpg


あいにくの雨模様で撮影は大変でしたが、「狐の嫁入り巡行」にも遭遇し、
雨に濡れた石畳を行灯が灯す幻想的な古都の風情を満喫することができました。
[PR]
by isshiyu143 | 2015-03-08 16:32 | 京都 | Comments(0)