<   2014年 12月 ( 6 )   > この月の画像一覧

カンボジア アンコールトム(1)

シェムリアップに到着した翌日、最初にアンコールトムへ行きました。
アンコール遺跡は9世紀初めから15世紀前半にかけて栄えたクメール王国のアンコール王朝が残した遺跡群で、
深い森の中に大きな規模の石の寺院だけで約60の遺跡があるとのこと。
アンコールトムのアンコールはサンスクリット語で「都市」、トムはクメール語で「大きい」という意味で、アンコール遺跡の中で最大規模の遺跡。
一辺3kmの正方形で幅130mもある濠と高さ8mの城壁で囲まれ、外部とは南大門・北大門・西大門・死者の門・
勝利の門の5つの城門でつながっています。
そのうちの南大門から入りました。
c0338583_2025491.jpg

南大門手前の濠。
橋の欄干には石像が左右それぞれ54体づつ一列に並べられ、右側はアスラ(阿修羅)
左側はデーヴァ(神々)とのこと。
c0338583_20292183.jpg

南大門は高さ23mで 観世音菩薩の4面の仏塔になっています。
c0338583_20311246.jpg

象に乗って観光する人を見かけました。
タイで象に乗ったことがありますが、かなり揺れるので疲れた憶えがあります。
c0338583_2034297.jpg

アンコールトムの中心部にあるバイヨン寺院。
高さ約43メートルの中央祠堂を中心に二重の回廊が配置されて
観世音菩薩の尊顔が刻まれていたと考えられる塔が48塔あります。
c0338583_2040145.jpg

第一回廊(外側)の柱に刻まれた守門神ドヴァラパーラ(手前)と女神デヴァター(奥)。
c0338583_20452475.jpg

第一回廊の壁面には長大なレリーフが刻まれています。
クメール軍とチャンパ軍(ベトナム)の戦闘場面やクメール族の日常生活が表現されていました。
c0338583_20535534.jpg

第一回廊の柱に彫られた蓮の華の上で踊る三位一体のアプサラ。
バイヨンではこの絵柄のレリーフがもっとも多いとのこと。
柱に空いている穴は内戦の痕跡でしょうか。
c0338583_205529.jpg

第一回廊からの中央祠堂。
c0338583_2055358.jpg

「クメールの微笑み」と呼ばれる有名な観世音菩薩。
c0338583_2105638.jpg

西側の第一回廊と第二回廊の間には修復用の石がたくさん積まれ
内戦による破壊や崩落の修復作業が今も続いているようでした。
c0338583_2144266.jpg

[PR]
by isshiyu143 | 2014-12-31 21:38 | 海外

ベトナム ミトー名物料理

メコン川クルーズのあと、昼食でミトーの名物料理がいただけるレストランに行きました。
広い庭園があるとても大きなレストランでした。
席に着くと、まず、まるごと油で揚げられた魚が運ばれてきました。
これがエレファントイヤーフィッシュ(象耳魚)と呼ばれる川魚の唐揚げで、カー・タイ・トゥオンという名物料理。
c0338583_20533820.jpg

エレファントイヤーフィッシュをほぐしライスペーパーの上にのせて、
サニーレタスのような野菜と細麺のフォーを巻いていただきました。
c0338583_210420.jpg

これも名物料理でグレイトボールというお餅のような食べ物。
高温の油で丸い形に揚げて中は空洞になっています。
c0338583_2103626.jpg

外はカリカリ中はもちもちしたお餅で、ほんのりとした甘さと共に食感が楽しめる一品です。
c0338583_2119100.jpg

これはベトナム風のお好み焼きのパインセオです。
c0338583_212299.jpg
c0338583_2122933.jpg

ほかに春巻き・フォー・炒飯などもあり、全体的に食べやすく美味しくいただきました。
c0338583_213735.jpg

このレストランに以前、皇太子さまがお越しになったようで入口の正面上に写真が飾られていました。
現地では有名なレストランのようです。
c0338583_2133869.jpg

レストランを出た後、空港に向かいカンボジアへ出発しました。
ホーチミンからシェムリアップの飛行時間は本当に短く、飛行中は入国審査のための
入国カード、税関申告書、健康状態申告書を記入していたらアッという間に着陸。
c0338583_214228.jpg

c0338583_2142619.jpg

いよいよ明日からは、一番楽しみにしていた世界遺産アンコール遺跡の観光です。
[PR]
by isshiyu143 | 2014-12-30 22:59 | 海外

ベトナム ミトー

ベトナム二日目はミトーのメコン川クルーズに行きました。
この日は台風の影響で朝から少し不安定な天候でした。

ミトーはホーチミンから約1時間30分ほど離れたところで、メコンデルタの入り口といわれる街です。
メコン川はチベット源流の全長約4000kmにも及ぶ大河で、このあたりの川幅は広いところで約3kmあるそうです。
ボート乗り場には、たくさんのクルーズ用ボートが停泊していました。
c0338583_19134424.jpg

現地のクルーズガイドさん。
とても語学が堪能で日本語、英語、フランス語もできる綺麗なかたでした。
c0338583_19162529.jpg

メコン川クルーズを楽しんだ後、中洲にあるタイソン島に上陸します。
c0338583_19165853.jpg

タイソン島には果樹園があり、その中を散策します。
これはジャックフルーツです。
c0338583_19192062.jpg

まわりの木々にはココナッツ、竜眼、パパイヤなど南国の果実がたくさんなっていました。
c0338583_19172313.jpg

試食もあり日本では見たことのない果物もありました。
c0338583_1920338.jpg

蜂蜜農園では蜂の巣枠を手にとって見せていただきました。
c0338583_19202661.jpg

ココナッツキャンディーの工房。とても甘いにおいがしていました。
c0338583_19205250.jpg

タイソン島では日本で見かけない花が咲いていました。
c0338583_19211998.jpg
c0338583_19215074.jpg

最後に手漕ぎボートでのジャングルクルーズ。
c0338583_19221642.jpg

クルーズ直前に雨が降り始め、時間の関係で乗り込みましたが、
乗船中は激しい雨で全く撮影できませんでした。
クルーズが終わった頃には雨も止み、少し残念なジャングルクルーズになりました。
[PR]
by isshiyu143 | 2014-12-29 21:20 | 海外

ベトナム ホーチミン市内

12月6日から12日までベトナムとカンボジアへ旅行しました。
写真の整理が遅れていましたが、やっと更新します。
関空からベトナム南部のホーチミンに到着した初日はそのまま市内観光をしました。

気温が30℃ぐらいあるなかで、最初に訪れたのが統一会堂(旧南ベトナム・サイゴンの大統領官邸)。
入口の右側にはベトナム統一のシンボルとして官邸に一番乗りした2台の戦車が置かれていました。
c0338583_15232055.jpg

ここはベトナム戦争のときに北ベトナム人民軍の戦車が突入してサイゴンが陥落、終戦となったところ。
わずか39年前の出来事です。
c0338583_15222482.jpg

建物には100以上の部屋があり、この部屋の演壇左側には共産主義のシンボル「鎌と槌」とベトナム国旗が
掲げられ、その前にはホーチミン主席の胸像がありました。
c0338583_15235016.jpg

この部屋は壁一面にとても立派な漆絵で国の歴史の物語が描かれていました。
c0338583_15241962.jpg

中庭もあり、その横には大統領への数々の贈答品が展示されていました。
c0338583_15244689.jpg

屋上のヘリポートには、サイゴン陥落の日に大統領が官邸を脱出したヘリもありました。
c0338583_15251869.jpg

屋上からの展望。
正面のレユアン通りから戦車隊列が柵を破壊して突入したとのことです。
c0338583_15255729.jpg

次に訪れたのは、サイゴン大教会(聖母マリア教会)。
19世紀末のフランス統治時代に建てられたゴシック様式のカトリック教会。
c0338583_15262823.jpg

教会前のドンコイ通り。
クリスマスの装飾が道を包むように飾られていました。
c0338583_15265635.jpg

教会のすぐ横にあるのがサイゴン中央郵便局。
c0338583_15273550.jpg

郵便局のなかはドーム型天井で大きな吹抜けになっており、
正面にはホーチミン主席の肖像画が掲げられていました。
c0338583_15293294.jpg

最後にベンタイン市場を散策しました。
ここはホーチミンで最大規模の市場。衣類、日用品、食器、食料品、バック、靴、家電、土産物まで何でもある大市場で迷路のようになっているところでした。
c0338583_15302831.jpg

夜になってもバイクの交通量が多く、ほとんど途切れることがありませんでした。
c0338583_15305828.jpg

ホーチミンは共産主義の雰囲気はあまり感じられず、若い人が多く活気もあり
これからどんどん発展していく街だと思いました。
[PR]
by isshiyu143 | 2014-12-28 20:07 | 海外

梅田 トワイライトファンタジー sanpo

今年もJR大阪駅の5階にある「時空の広場」はイルミネーションで飾られていました。
今年のコンセプトは『光り輝く時空(とき)の海』。
星空と海の光の世界を表現したイルミネーションになっています。

ドーム屋根には、満天の星をイメージした『星空のヴェール』があり、星座や流れ星が輝いていました。
c0338583_168162.jpg

床面には『光の海』が広がり、夜空の星座が海面に映し出されたかのように輝いていました。
c0338583_1682211.jpg

12/25まで期間限定の光の噴水をイメージしたツリー。
今年も美しいイルミネーションを楽しむことが出来ました。
c0338583_1694720.jpg

大阪駅の北側にあるグランフロントのうめきた広場では、スケートリンクや「グランフロント大阪クリスマスマーケット2014」が開催されていました。
c0338583_16405954.jpg

ヒュッテ(ヨーロッパ式小屋)を現地から取り寄せ、屋根には熟練のドイツ職人が造った屋根飾り人形が並び、
ドイツのクリスマスマーケットを再現しています。
c0338583_1640329.jpg

ドイツ直輸入の本場ソーセージとグリューワイン(ホットワイン)をついついいただきたくなりました。
[PR]
by isshiyu143 | 2014-12-21 17:06 | 大阪

梅田 ジオラマ&ツリー

久しぶりの更新になります。
今月は海外へ出かけたりしていて、なかなか更新できませんでした。
海外編はもう少し写真を整理してからアップします。

昨日、大阪梅田へ行ったのでヒルトン大阪に寄りました。
1階ロビーでは大部分を使っての巨大鉄道模型「ヒルトン・クリスマス・トレイン」の
展示がありました。
縦9.6m、横4.2m、総面積約40平米(約24畳分)のとても大きな鉄道ジオラマ。
冬のヨーロッパをイメージした町並みや、雪景色をまとった山などが精巧に作られ、
緻密でリアルな風景と人々の暮らしの様子が表現されていました。
c0338583_1264969.jpg

木材加工の作業する人たち。
c0338583_1271634.jpg

雪山を走る電車。
c0338583_1274485.jpg

駅に停車する特急列車。
c0338583_1281458.jpg

雪山を往復するゴンドラも。
c0338583_1284449.jpg

吹き抜けの空間に大きなツリーや飛行機、気球もあり、迫力ある雰囲気を楽しむことができました。
チェックインの外国人パイロットも撮影していました。
c0338583_1291797.jpg

ロビーからでたところにも大きく美しいツリーがあり、クリスマスの雰囲気に包まれていました。
c0338583_1214117.jpg
[PR]
by isshiyu143 | 2014-12-21 13:07 | 大阪