<   2017年 03月 ( 5 )   > この月の画像一覧

フィレンツェ 眺めのいいカフェ


フィレンツェの中心にあるレプッブリカ (共和国) 広場に面しているデパート「Rinascente(リナシェンテ)」の屋上にある
カフェ ラ・テラッツァ(La Terrazza)に入りました。


この日の天気は雲ひとつない快晴で、テラス席からはドゥオモのクーポラやジョットの鐘楼がとても綺麗に見えました。

c0338583_12575404.jpg








カフェはデパート4階の店内にも席はありますが、屋上のほうがフィレンツェの街を囲む山並みまで見えて眺めは抜群です。
オレンジの生ジュースは7~8€で少し高かったですが、景色と一緒にとても美味しくいただきました。
c0338583_12581215.jpg








ドゥオモのクーポラにある展望台にいる人が見えます。
高さ90m、463段の階段を登ると展望台があり、360°フィレンツェの街並みを望むことができます。
c0338583_12582785.jpg








ドゥオモの隣にあるジョットの鐘楼も登ることが出来ます。
ここからはドゥオモのクーポラと美しいフィレンツェの街並みを同時に見渡すことができるので、
ジョットの鐘楼へ登ることにしました。
c0338583_12585161.jpg








ジョットの鐘楼は414段の階段を登ると網の柵で覆われた展望台があります。
階段しかないので大変ですが、ここまで登ります。
c0338583_12590714.jpg









カフェで素晴らしい風景を眺めながらのんびりしたあと、フィレンツェの街歩きを続けました。
c0338583_12592370.jpg




[PR]
by isshiyu143 | 2017-03-26 15:30 | 海外 | Comments(4)

城南宮 源氏物語花の庭(3)城南椿


しだれ梅と同時に「春の山」から「平安の庭」にかけて約300本の椿も見ごろを迎えていました。
椿もたくさんの種類が植えてあり、色々な椿の花を楽しむことが出来ます。

c0338583_20501496.jpg









真紅の城南椿。
c0338583_20503619.jpg









「春の山」の苔の上に赤い城南椿が落ちて色を添えていました。
c0338583_20510768.jpg









「曲水の宴」が行われる「平安の庭」を流れる小川に落ちていた城南椿。
c0338583_20512606.jpg









赤い八重咲きの伊予大輪。
c0338583_20514663.jpg









白地紅縦絞り八重咲きの蝦夷錦。
c0338583_20520593.jpg









今年も見事な「しだれ梅と城南椿」、早春の訪れを感じることが出来ました。
c0338583_20550398.jpg





[PR]
by isshiyu143 | 2017-03-24 20:00 | 京都 | Comments(2)

城南宮 源氏物語花の庭(2)しだれ梅


車のお祓いをしていただいたあと、「しだれ梅と椿まつり」の神苑に入りました。
神苑を入ってすぐの「春の山」では150本のしだれ梅が見ごろとなっていました。


神苑内は梅の甘い香りがいっぱい漂っていて、メジロも香りに誘われて訪れていました。

c0338583_18373345.jpg









ちょうど早咲きのしだれ梅が散り始め、遅咲きのしだれ梅が花を咲かせ始めていました。
c0338583_18381444.jpg









少し遠かったですが、丸い額縁の梅。
c0338583_18384682.jpg









色とりどりのしだれ梅。
c0338583_18394609.jpg









「春の山」に散っていた梅の花びら。
c0338583_18401608.jpg









梅の花びらで「春の山」が敷き詰められ、花の絨毯のようでした。
c0338583_18404630.jpg









しだれ梅が降り注ぐように、美しく咲いていました。
c0338583_18411900.jpg









こちらにもメジロが。
c0338583_18434377.jpg









白いしだれ梅も見事でした。
c0338583_18414925.jpg









まだまだ蕾の梅も結構ありましたよ。
c0338583_18430263.jpg









白とピンクのしだれ梅が並んで咲いていました。
c0338583_18422915.jpg









まわり一帯が梅の花で覆われて素晴らしい眺めです。
c0338583_18441643.jpg








緑の苔の上に落ちた真紅の城南椿と色とりどりのしだれ梅。
今年も美しいしだれ梅を堪能することが出来ました。
c0338583_18445446.jpg




[PR]
by isshiyu143 | 2017-03-22 20:00 | 京都 | Comments(6)

城南宮 源氏物語花の庭(1)


先週の月曜日(3月13日)、新車のお祓いに城南宮へ出掛けました。
現在、城南宮では「しだれ梅と椿まつり」が開催されていますので土日は大混雑になります。
したがって、それを避けるため今回は有休をとって平日に行きました。


去年は2月末に訪れたときが満開でしたが、今年は開花が少し遅れていたようで、3月になってから
梅と椿が見頃になったようでした。


城南鳥居の前のしだれ梅も満開になっていました。
c0338583_13030766.jpg









綺麗な色の梅の花。
c0338583_13032596.jpg








「室町の庭」と「桃山の庭」の間に建つお茶席「楽水軒」では、美しい庭園を見ながら、
お抹茶と季節の花を模ったお菓子をいただくことが出来ます。
c0338583_13034363.jpg









「楽水軒」の前に咲いていた紅梅と白梅。
c0338583_13040666.jpg









白梅の花も綺麗に咲いていました。
c0338583_13042690.jpg









「室町の庭」の向こう側にある天満宮の梅が見えます。
c0338583_13044880.jpg









お茶席「楽水軒」で美しい梅を眺めながらゆっくり休むことが出来ました。
c0338583_13050908.jpg





[PR]
by isshiyu143 | 2017-03-20 14:15 | 京都 | Comments(0)

京都・東山花灯路-2017 sanpo


今年も3月3日から早春の風物詩「東山花灯路」が始まりました。
北は青蓮院から南は清水寺までの約5キロの小路に、約2,500基の露地行灯などの「灯り」と
いけばな作品の「花」で彩られます。

昨日(3月4日)、東山界隈へ早速出掛けてきました。
今回は、ねねの道から少し入った路地の石塀小路から散策しました。

c0338583_18560912.jpg









露地行灯で照らされた石畳。京都らしい雰囲気を醸し出しています。
c0338583_18554781.jpg









石塀小路の路地は石畳と石垣が続きます。
c0338583_18563055.jpg










c0338583_18565176.jpg









ねねの道を照らしていた露地行灯。
c0338583_18570954.jpg










c0338583_18572296.jpg









「灯りと花の路」沿いの10箇所に展示されていた生け花。
c0338583_18573927.jpg








ねねの道を歩いていると、突然、ちりんちりん・・・と鈴を鳴らしながら行列がやってきました。
見るだけで縁起が良いとされる「狐の嫁入り巡行」です。
c0338583_18580598.jpg









狐のお面を付けた白無垢姿の花嫁が人力車に乗り込み、知恩院から高台寺まで巡行します。
c0338583_18582411.jpg








最後に高台寺天満宮で参拝。この後、高台寺へ入って行きます。
毎年10月ごろ高台寺で花嫁の一般公募があり、未婚・既婚は不問とのこと。いい思い出になりますね。
c0338583_18584086.jpg









高台寺の前で咲いていた梅の花。
c0338583_18585984.jpg








法観寺(八坂の塔)のライトアップ。
今年も早春の古都の風情を楽しむことができました。
c0338583_19000029.jpg





[PR]
by isshiyu143 | 2017-03-05 22:20 | 京都 | Comments(2)