<   2017年 05月 ( 6 )   > この月の画像一覧

青もみじの瑠璃光院


新緑が美しいこの時期、京都の八瀬にある瑠璃光院へ行きました。
瑠璃光院は春と秋の季節限定で特別拝観があります。


春の時期、瑠璃光院は鮮やかな青もみじの緑に包まれて、書院から眺める静かな庭園は
清々しい新緑の美しさが溢れていました。

c0338583_14194656.jpg










叡山電鉄の八瀬比叡山口から約5分で山門に着きます。
c0338583_13590185.jpg










山門から石段をのぼり書院へ向かいます。
c0338583_13592014.jpg










参道のまわりも青もみじで覆われています。
c0338583_13583459.jpg










玄関手前にある綺麗な水の池で泳ぐ大きな鯉。
c0338583_13573183.jpg









まず最初に書院の2階へ行きます。
書院からは色鮮やかで息をのむような光景が目に飛び込んできます。
c0338583_13554296.jpg










書院の中にも緑が映し出されて、素晴らしい空間を醸し出しています。
c0338583_13552676.jpg










板の間に緑が映り込む「床もみじ」も美しい。
c0338583_13560027.jpg












c0338583_13561867.jpg











c0338583_13563863.jpg











c0338583_14200934.jpg









こちらは、書院の1階になります。
目の前には瑠璃色に輝く浄土の世界を表わした「瑠璃の庭」が広がっています。
c0338583_13571214.jpg









一面に苔の絨毯で覆われた「瑠璃の庭」を眺めながら、
抹茶でもいただいたら最高ですね。
c0338583_14202776.jpg








ここ「八瀬」の地は、「矢背」とも記されるように、壬申の乱で背中に矢傷を負われた
大海人皇子(天武天皇)が「八瀬の釜風呂」で傷を癒されてより、平安貴族や武士たちに
「やすらぎ」の郷として愛されてきたそうです。
今回は、平日に訪れたので人も少なく、静かな庭園と色鮮やかな新緑の瑠璃光院を
ゆっくりと堪能することができました。
c0338583_13575777.jpg




[PR]
by isshiyu143 | 2017-05-21 16:36 | 京都

隠れキリシタンの里 天草の崎津


九州旅行では、熊本県の天草諸島にある津崎へ行きました。
ここは、江戸時代前期の島原・天草の乱で全滅したと思われていたキリシタンが江戸時代後期に
多数発見された「隠れキリシタンの里」。
人口の約70%がキリシタンだった崎津集落は、禁教期にも信仰が密かに続いていた小さな漁村です。

この静かな漁村にたたずむ崎津天主堂。
c0338583_19113786.jpg









教会のすぐ近くにある駐車場に車を停めて、教会へ向かいました。
漁村の小路を少し進むと教会が見えてきます。
c0338583_19130200.jpg









1569年(永禄12年)、ルイス・デ・アルメイダ神父によってキリスト教の布教が行われたこの地では、
1638年(寛永15年)の禁教令以後、激しい弾圧を受けながらも240年間にわたり「潜伏キリシタン」として
信仰が守られてきたそうです。
c0338583_19135399.jpg









現在も崎津の約400名のキリシタン信者が毎日この教会でお祈りをしているそうです。
確か、昔は教会の中も撮影できたんですが、今は撮影禁止になっていました。
c0338583_19132172.jpg









外観は重厚なゴシック様式で、堂内は国内でも数少ない畳敷きになっています。
建てられた土地は、弾圧の象徴である踏絵が行われた吉田庄屋役宅跡が選ばれ、その踏絵が行われた場所に、
現在の祭壇が配置されているそうです。
c0338583_19133831.jpg









「日本の渚百選」「日本のかおり風景100選」「国の重要文化的景観」などに選ばれ、
「長崎の教会群とキリスト教関連遺産」として「天草の崎津集落」も世界文化遺産の推薦候補に選定されたそうです。
c0338583_19140932.jpg



今回は数十年ぶりに、もう一度この風景を見てみたいと思い訪れました。
当時から、ほとんど変わることもなく、他では見ることのできないこの風景は期待通りで、
とても懐かしく、いい思い出になりました。






[PR]
by isshiyu143 | 2017-05-20 10:47 | 熊本

海が見渡せる美しい棚田


元乃隅稲成神社の次に訪れたのが、神社から数km離れたところにある「日本の棚田百選」にも選ばれた
「東後畑(ひがしうしろばた)の棚田」です。

長門市油谷(ゆや)は棚田が多い地域で、本州最西北端の向津具半島を中心に約700haもの棚田地帯が広がっています。
通常は山間部にあることが多い棚田ですが、この地区は半島部分の丘陵地にある棚田が海岸近くまで迫っています。


コバルトブルーの日本海を眼下に望み、棚田が美しく広がっていました。
どこか懐かしい日本の原風景がそのまま残っている感じがします。
c0338583_23351295.jpg






写真を撮っていると、近くにあるカフェのご主人に「良かったら棚田の写真を見ませんか?」と声を掛けていただきました。
お言葉に甘えてお店の中に入り、畳の部屋にある十数点の大きな写真を見せていただきました。
写真の中で特に印象に残ったのが、夕暮れ時の水田風景や、イカ釣り漁船の漁火が海に浮かび棚田との幻想的な風景が、
とても美しく撮られていました。
それ以外もドローンを使っての空撮のお話や、お店で映画のロケがあったときのお話も聞くことができ、
長時間お邪魔してしまいました。
(少し見にくいですが、写真の左上に東屋があり、その横の駐車場に停めてた私の車が少しだけ見えてます。)
c0338583_23353348.jpg








田植えが始まりイカ釣りのシーズンでもある5月中旬から6月中旬にかけて、夕暮れ時の水田風景や
イカ釣り漁船の漁火が浮かぶ風景も見たいなと思いました。
ただし、その時期のこの周辺はカメラマンでいっぱいになるそうです。
c0338583_23355164.jpg









棚田のすぐ後ろには、水田用の水を確保するために造られた「深田ため池」(ため池百選)があります。
c0338583_23361441.jpg









棚田が海に面して、周囲にはほとんど河川がないため、傾斜地に造成された貴重な水源池だそうです。
先ほどのカフェは、このため池沿いにあります。
c0338583_23363097.jpg









今回は、神社からの帰り道に偶然立ち寄った場所でしたが、カフェのご主人から色々なお話も聞くことができ、
とても印象深い場所になりました。
c0338583_23365465.jpg




[PR]
by isshiyu143 | 2017-05-07 21:41 | 山口

美しき日本の絶景「元乃隅稲成神社」


角島大橋の次に訪れたのが、山口県長門市の本州最西北にある元乃隅稲成神社(もとのすみいなりじんじゃ)。
角島大橋から約40km離れたところにあり、2015年にアメリカのテレビ局・CNNの
「Japan’s 31 most beautiful places: 日本の最も美しい場所31選 」に選ばれた場所です。


コバルトブルーの日本海と緑色の山肌の中に朱色の鳥居がアクセントとなり、美しい風景を醸し出していました。

c0338583_16345676.jpg









海側にある鳥居から神社に入って行きます。
c0338583_16351999.jpg









100m以上にわたって123基の鳥居が並んでいます。
c0338583_16354256.jpg









時折、海を眺めながら鳥居をくぐって行きました。
c0338583_16361003.jpg









途中、日本海の海岸が展望できる場所で休憩。綺麗な景色で爽快な気持になります。
c0338583_16363373.jpg









鳥居の後半は、少し勾配がきつい階段を上っていきます。
c0338583_16365508.jpg









一番上側の鳥居までやってきました。
c0338583_16373852.jpg









上から眺めた鳥居の行列。
c0338583_16375786.jpg









鳥居の先にある断崖は「国指定天然記念物及び名勝」に認定された「龍宮の潮吹」。
岩壁に打ち寄せた波が「龍宮」と呼ばれる波で削られた洞に入り込み、大きな音を立てながら
白い波しぶきが吹き上げる場所で、少しだけ見ることが出来ました。
c0338583_16381452.jpg









全国で3万社以上の稲荷神社があり、そのほとんどは「稲荷神社」と書きますが、ここは「稲成神社」と書きます。
「成」の字は、成就に由来していて、様々な願いが叶うといった意味が込められているそうです。
せっかくなので、道中の交通安全もお願いしました。
c0338583_16385193.jpg




[PR]
by isshiyu143 | 2017-05-04 19:54 | 山口

夕暮れの角島大橋


エメラルドグリーンの海に浮かぶ姿が美しかった角島大橋。
角島大橋からすぐ近くの宿でしたので、夕暮れ時の角島大橋をひとりで見に行きました。

青色に染まった空のもと、街灯に照らされた角島大橋。
c0338583_18570020.jpg









静かな海に照らされた明かりが角島まで美しく伸びていました。
c0338583_18572102.jpg









夕暮れの角島大橋も絵になる美しさです。
c0338583_18554804.jpg









まわりに誰もいない中、この素晴らしい風景をしばらく独り占めしていました。
c0338583_18564477.jpg




[PR]
by isshiyu143 | 2017-05-03 19:52 | 山口

エメラルドグリーンが美しい 角島大橋 sanpo


山口~九州へ旅行しましたので、少しづつアップしたいと思います。
山口では、一度は訪れたかった、テレビCMやロケ地として有名な角島大橋へ最初に行きました。

本州と角島を結ぶ角島大橋は全長1780mで、土木学会デザイン賞の優秀賞や旅行サイト「トリップアドバイザー」の
「口コミで選ぶ 日本の橋ランキング」で1位に選出された白い美しい橋です。


南国のようなエメラルドグリーンの綺麗な海に浮かぶ美しい角島大橋。

c0338583_17242664.jpg










海の上を一直線に伸びていく角島大橋。まさに絶景です。
c0338583_17244198.jpg









北長門海岸国定公園の景観に配慮された直線と曲線のバランスが美しい見応えのある橋でした。
c0338583_17245703.jpg




[PR]
by isshiyu143 | 2017-05-01 19:06 | 山口