京都・本法寺の夜桜


水火天満宮のあと、すぐ近くにある本法寺の夜桜を見に行きました。
本法寺は、室町時代の1436年(永享8年)に日親上人により創建された日蓮宗の寺院。


裏千家今日庵の向かいにある仁王門から境内の中へ。
境内のソメイヨシノは満開になり見頃を迎えていました。

c0338583_15051237.jpg









誰もいない参道。ソメイヨシノが華やかに迎えてくれます。
c0338583_15053891.jpg









参道を進むと多宝塔と奥に本堂が見えてきます。
c0338583_15055571.jpg









多宝塔と満開の桜。
c0338583_15061236.jpg









仁王門の前にある大きなソメイヨシノ。
c0338583_15062995.jpg









綺麗に咲いていました。
c0338583_15064531.jpg








昼間はもう少し人が訪れるのでしょうが、夜はほとんど人のいない広い境内。
今年はいつもと違う京都の穴場で静かな夜桜を楽しみました。
c0338583_15070103.jpg





[PR]
# by isshiyu143 | 2018-04-08 18:33 | 京都

京都・水火天満宮の夜桜


桜が満開の時期になり、京都の桜名所はどこも観光客でいっぱい。
昨日の土曜日(3月31日)、観光客も殆ど来ない京都の穴場へと出掛けました。

まず最初に訪れたのは、京都市上京区にある水火天満宮。
水火天満宮は、京の水害・火災を鎮めるため、延長元(923)年に醍醐天皇の勅命で
延暦寺の尊意僧正(そんいそうじょう)により、菅原道真公をご祭神として建立された神社です。


小さな境内で、大きな紅枝垂れ桜が、美しく咲き誇っていました。

c0338583_13395035.jpg










c0338583_13390097.jpg










c0338583_13391795.jpg










c0338583_13393610.jpg










c0338583_13384252.jpg



観光客が全然いない静かな雰囲気の中で、ゆっくりと紅枝垂れ桜を鑑賞。
この後、近くにある本法寺へ向かいました。






[PR]
# by isshiyu143 | 2018-04-01 15:33 | 京都

京都・東山花灯路 青蓮院のライトアップ


京都の春の訪れを告げる東山花灯路が3月9日(金)~3月18日(日)まで開催されました。
毎年、八坂の塔や高台寺の方面へ行ってましたが、今年は青蓮院のライトアップを見に行きました。


青蓮院は、天台宗の祖・最澄が比叡山延暦寺を開くにあたり、山頂に造られたいくつかの住坊の
うちの一つ「青蓮坊」が起源とされています。
その後、平安時代末期に鳥羽上皇が現在の位置に殿舎を造営し、門跡寺院として青蓮院が完成後、
明治時代に至るまで門主はほとんど皇族が務めた格式の高い寺院です。


境内は、青い光で幻想的な雰囲気に包まれていました。

c0338583_17173318.jpg










c0338583_17174947.jpg










c0338583_17183442.jpg










c0338583_17180429.jpg










c0338583_17181640.jpg










c0338583_17185125.jpg




[PR]
# by isshiyu143 | 2018-03-18 18:14 | 京都

ブルゴーニュ地方の街 ディジョン[Ⅱ]


中世の面影が多く残るデイジョンの街で「フクロウのコース」を順番に辿っていきました。
ちょうどコースの中間ぐらいで旧市街の中心部にあるノートルダム教会に出てきます。

ノートルダム教会は、13世紀に建造られたゴシック様式の教会。
c0338583_15242718.jpg









教会正面に、たくさんのガーゴイル(怪物などをかたどった彫刻の雨どい)が並んでいて、なかなか迫力がありました。
c0338583_15075859.jpg









正面右上の屋根には、からくり時計のようなものが見えます。
c0338583_15090068.jpg









教会の中は、祭壇や柱にステンドグラスからの美しい光が射しこんで、荘厳な雰囲気を醸し出していました。
c0338583_15092361.jpg









色鮮やかな丸いステンドグラス。
c0338583_15102018.jpg









北側や南側の壁にもステンドグラスがいくつも並び、教会の中へ美しい光を注いでいました。
c0338583_15103893.jpg










パイプオルガンの下に飾られた聖母マリアのタペストリー。
c0338583_18541179.jpg









ディジョンの聖母マリア像はフランスで最も古いひとつとされており、聖母が抱いていた幼子イエスはフランス革命の時に紛失したそうです。
c0338583_15105710.jpg









東側(裏側)から見たノートルダム教会。正面が祭壇側になります。
c0338583_15112592.jpg








次に向かったのが、ノートルダム教会の近くにある旧ブルゴーニュ公宮殿のディジョン美術館。
14世紀末、ヴァロワ家ブルゴーニュ公がディジョンの城を豪華な宮殿に改築。
17世紀にはブルゴーニュ公国の官庁となり、現在は美術館になっています。
c0338583_15064146.jpg









ディジョン美術館の見どころは、フィリップ2世とジャン1世の墓が納められた「衛兵の間」。
この台座の彫刻はとても繊細で素晴らしいです。
c0338583_15065691.jpg









美術館には、古代エジプト美術から21世紀の現代美術まで幅広い美術品を所蔵していました。
c0338583_15071502.jpg








美術館を出てノートルダム教会の北側へまわると石畳の道にフクロウが描かれた9番のプレートがありました。
(フクロウのコースは1番~22番まであります。)
c0338583_15114840.jpg








ここには、左手でなでて願いごとをすると叶うといわれている「幸福のフクロウ」の像があります。
フクロウの像は、多くの人々になでられてきたためか、かなり磨り減っていました。
私も旅行の安全を祈念して触ってきました。(あれっ、もしかしたら右手だったかな?)
c0338583_15120232.jpg

このあとディジョンからリヨンへ向かいました。






[PR]
# by isshiyu143 | 2018-03-04 21:27 | 海外

ブルゴーニュ地方の街 ディジョン[Ⅰ] sanpo


フランス東部のストラスブールからリヨンへ向かう途中、ちょうど中間ぐらいの位置にあるディジョンに立ち寄りました。
ブルゴーニュ地方のディジョンは、美食とワインで有名な街です。
中世にはブルゴーニュ公国の首都として栄え、当時の面影を感じさせる建物もたくさん残っています。


ダルシー広場の前の通り。まわりの建物や雰囲気が少しパリに似ている感じがしました。
c0338583_20324974.jpg









ダルシー広場では、クリスマスマーケットの屋台が並んでいました。
このクリスマスマーケットを通って街の中心へ向かいました。
c0338583_20124545.jpg









ダルシー広場から凱旋門のようなギョーム門をくぐるとメインストリートのリベルテ通りに入ります。
c0338583_20131520.jpg








石畳の道でフクロウのマークをよく見かけます。
フクロウはディジョンのシンボルで、このマークを目印にたどると観光名所を順番に周ることができます。
このフクロウのコース以外にも、ルソー、ゾラ、モーゼの各コースがあるそうです。
c0338583_20134651.jpg









リベルテ通りにはお店が立ち並び、歴史を感じる三角屋根の木組みの建物も見ることができます。
c0338583_20142173.jpg








リベルテ通りを進むとフランソワ・リュード広場に出てきます。
この広場の中央には、ブドウを踏んでるバッカス像やメリーゴーランドがありました。
c0338583_20145123.jpg









ブルゴーニュ地方には多いカラフルな幾何学模様の屋根もよく見られます。
c0338583_20152010.jpg








中世の面影が残る木組みの建物が多いヴェルリー通りに来ました。
ここでは軒下にあるユニークな彫刻も見ることができます。手前の彫刻はウサギの狩猟のようです。
c0338583_20155066.jpg









この彫刻はコンパスや大工道具を持った大工さんでしょうか。
c0338583_20162097.jpg








ディジョンには、チョコレートのお店も沢山ありますが、とても美味しいとの評判で
この通りにある「ファブリス・ジロット(Fabrice Gillotte)」へ行きました。
c0338583_20165698.jpg








チョコレートは大好きなので、いろんな種類の入った30粒ぐらいのセットを買いました。
1粒で1ユーロぐらいだったかな。日本で買うと3倍ぐらいの値段だと思います。
(日本に帰ってきて食べたら、やっぱり美味しかったー。)
c0338583_20172802.jpg








ディジョンは、エスカルゴやマスタードも有名です。(マスタードも購入しました。)
ランチにそのエスカルゴを初めて食べましたが、柔らかいサザエのような感じでした。
c0338583_20180289.jpg








こちらは、マスタードのソースがかかったチキンです。
エスカルゴもチキンも美味しくいただきました。
c0338583_20191769.jpg


ランチのあとも、街の散策をもう少し楽しみました。







[PR]
# by isshiyu143 | 2018-02-25 23:42 | 海外