ベトナム ホーチミン市内

12月6日から12日までベトナムとカンボジアへ旅行しました。
写真の整理が遅れていましたが、やっと更新します。
関空からベトナム南部のホーチミンに到着した初日はそのまま市内観光をしました。

気温が30℃ぐらいあるなかで、最初に訪れたのが統一会堂(旧南ベトナム・サイゴンの大統領官邸)。
入口の右側にはベトナム統一のシンボルとして官邸に一番乗りした2台の戦車が置かれていました。
c0338583_15232055.jpg

ここはベトナム戦争のときに北ベトナム人民軍の戦車が突入してサイゴンが陥落、終戦となったところ。
わずか39年前の出来事です。
c0338583_15222482.jpg

建物には100以上の部屋があり、この部屋の演壇左側には共産主義のシンボル「鎌と槌」とベトナム国旗が
掲げられ、その前にはホーチミン主席の胸像がありました。
c0338583_15235016.jpg

この部屋は壁一面にとても立派な漆絵で国の歴史の物語が描かれていました。
c0338583_15241962.jpg

中庭もあり、その横には大統領への数々の贈答品が展示されていました。
c0338583_15244689.jpg

屋上のヘリポートには、サイゴン陥落の日に大統領が官邸を脱出したヘリもありました。
c0338583_15251869.jpg

屋上からの展望。
正面のレユアン通りから戦車隊列が柵を破壊して突入したとのことです。
c0338583_15255729.jpg

次に訪れたのは、サイゴン大教会(聖母マリア教会)。
19世紀末のフランス統治時代に建てられたゴシック様式のカトリック教会。
c0338583_15262823.jpg

教会前のドンコイ通り。
クリスマスの装飾が道を包むように飾られていました。
c0338583_15265635.jpg

教会のすぐ横にあるのがサイゴン中央郵便局。
c0338583_15273550.jpg

郵便局のなかはドーム型天井で大きな吹抜けになっており、
正面にはホーチミン主席の肖像画が掲げられていました。
c0338583_15293294.jpg

最後にベンタイン市場を散策しました。
ここはホーチミンで最大規模の市場。衣類、日用品、食器、食料品、バック、靴、家電、土産物まで何でもある大市場で迷路のようになっているところでした。
c0338583_15302831.jpg

夜になってもバイクの交通量が多く、ほとんど途切れることがありませんでした。
c0338583_15305828.jpg

ホーチミンは共産主義の雰囲気はあまり感じられず、若い人が多く活気もあり
これからどんどん発展していく街だと思いました。
[PR]
by isshiyu143 | 2014-12-28 20:07 | 海外
<< ベトナム ミトー 梅田 トワイライトファンタジー >>