カンボジア アンコールワット(1)

アンコールトムを後にし、今回一番訪れたかったアンコールワットに到着。

アンコールワットのアンコールはサンスクリット語で「王都」、ワットはクメール語で「寺院」。
12世紀前半に建てられたヒンドゥー教寺院。全体の大きさは東西1500m・南北1300m、周囲の環濠は幅190m、
西からの参道は長さ540m。途中 の両脇には経蔵と聖池があり、寺院の中心部はピラミッド型に順次
高まって行く第一、第二、第三の3重になった回廊、十字回廊、二組の経蔵、それに中央祠堂からなります。
最上部の第三回廊の四隅には尖塔があり、中央には最大の中央祠堂の尖塔が立ち、その高さは地上65m。
寺院内部はヒンドゥーの宇宙観によって構成され、中央の5基の祠堂は須弥山(ヒンドゥー神話でヴィシュヌ神が
降臨する山)を表し、周壁はヒマラヤの霊峰、環濠は無限の海を表しているとのことでした。

聖池に映る回廊と中央祠堂。
絵になる美しさに感動です。
c0338583_1722103.jpg

寺院に入るには、まず西参道から環濠に架けられた陸橋を渡ります。
c0338583_17345117.jpg

参道の途中に巨大な足跡がありました。
阿修羅のものとのことです。
c0338583_17351186.jpg

陸橋を渡ると西塔門があり、中央の「王の門」横には蛇神ナーガの彫刻。
c0338583_17582742.jpg

西塔門を通って、さらに参道を進みます。
c0338583_17585212.jpg

3重の回廊に囲まれた中央祠堂。
c0338583_17592479.jpg

第一回廊(一番外側)には、760mの壁面に神々と英雄たちの物語が刻まれています。
これは西北面にあるラーマーヤナの物語のレリーフ。
c0338583_17595417.jpg

第一回廊と第二回廊を結ぶ十字回廊の横にある沐浴場。
c0338583_19355897.jpg

十字回廊の柱や天井には彩色の名残りが見られました。
c0338583_19375128.jpg

第二回廊から出た空間から望む第三回廊と中央祠堂。
c0338583_19381635.jpg

第三回廊への階段はどこも急勾配で、ここも登れませんでした。
東面にたった一ヶ所だけ登ることができる階段があり、そこから登りました。
c0338583_19384016.jpg

第三回廊に登り北の方向を望む。
第二回廊と第一回廊が並び、その向こうには森しか見えません。
まわりには森しかなく、本当に凄いところにある遺跡だなと、また感動しました。
c0338583_19404660.jpg

中央祠堂は、中央塔を中心に南東・北東・南西・北西に中央塔を囲むように築かれた4基の塔と、それらの塔を結ぶ第三回廊からなっています。中央塔にもデヴァター(女神)のレリーフが幾つかありました。
c0338583_1941142.jpg

第三回廊の西面から北西方向を望む。
やはりこちらも森しか見えません。
c0338583_19414338.jpg

第一回廊の南東面にあるレリーフ。
天国と地獄の「最後の審判」の場面。
c0338583_19421127.jpg

第一回廊の南東面の柱にあるデヴァター(女神)のレリーフ。
c0338583_19423737.jpg

夕日にあたる中央祠堂。
これも美しいです。
c0338583_194336.jpg

アンコールワットの素晴らしさ、美しさを堪能した一日でした。
明日の早朝、さらにアンコールワットの美しさを観るため、またここへきます。
[PR]
by isshiyu143 | 2015-01-02 22:41 | 海外
<< カンボジア アンコールワット(2) カンボジア アンコールトム(2) >>