ウィーン シュテファン大聖堂


ベルヴェデーレ宮殿の次に向かったのが、ウィーン旧市街の中心にあるシュテファン大聖堂(Stephansdom)。
路面電車で国立オペラ座 (Wiener Staatsoper) まで戻り、そこから徒歩でケルントナー通り(Kärntner Straße)を通って行きました。

地下には地下鉄(U-Bahn)のU1線が通っていてオペラ座付近のカールスプラッツ(Karlsplatz) から
シュテファンスプラッツ(Stephansplatz) まで1駅で行けますが、通りは歩行者天国になっていて
カフェや色々な店もあるので、それらを見ながら歩いて行くことにしました。

シュテファン大聖堂の北側が観光馬車フィアカー(Fiaker)の発着所になっているようで、
たくさんの馬車が集まっていました。ウィーンに馬車は似合います。
c0338583_16390287.jpg






シュテファン大聖堂は高さ107m、幅34mで4つの塔があります。
屋根のモザイク模様は23万枚のタイルで作られているそうです。
左側の北塔は15世紀中頃に着工し、本来は南北で双塔を構成するはずでしたが、計画の半分の高さに
達したところで工事が中断し、そこに上蓋を完成させて現在に至るそうです。
c0338583_16413724.jpg






教会内部は長さ107m、高さ39m、歴代皇帝の儀式やモーツァルトの結婚式と葬儀が執り行われたとのこと。
荘厳な雰囲気でとても美しいです。
c0338583_16393278.jpg







繊細で色彩豊かなステンドグラス。
c0338583_16394948.jpg







後方に大きなパイプオルガンも見えます。
c0338583_16404845.jpg






右側の塔が、ベルヴェデーレ宮殿からも少し見えていた南塔で高さは137m。
ゴシック建築特有の繊細な装飾と構造になっています。
c0338583_16411621.jpg






シュテファン大聖堂の北側にある通り。
大きな赤い球はイルミネーションの装飾でしょうか。どのように灯るか見たかったな。
c0338583_16420179.jpg






シュテファン大聖堂のあるシュテファン広場はケルントナー通りとグラーベン通り(Graben)が合流するところで、
人通りの絶えない繁華街エリアになっています。まさしくウィーン旧市街の中心地です。
次は、シュテファンスプラッツ(Stephansplatz)から地下鉄に乗り、カールスプラッツ(Karlsplatz)へ向かいます。
c0338583_16422834.jpg




[PR]
by isshiyu143 | 2015-12-30 01:30 | 海外
<< 謹賀新年 ウィーン ベルヴェデーレ宮殿 >>