フィレンツェ ウフィツィ美術館


フィレンツェ2日目の朝、ウフィツィ美術館へ行きました。
ルネサンスを代表する画家たちの作品を多数所蔵する美術館で、十数年ぶりの訪問になります。

美術館の建物は、かつてフィレンツェを支配し栄華を極めたメディチ家の事務局であったフィレンツェ公国の行政局。
イタリア語で「行政局」の意味をもつ「ウフィーチ」に由来して名前がつけられたそうです。
開館されたのは1769年ですが、1591年頃より部分的に公開がされていたヨーロッパの中でも最古の近代美術館になります。


ウフィツィ美術館の前にあるシニョーリア広場は、中世時代の建物や彫刻に囲まれています。
c0338583_14111701.jpg









左側の奥にウフィツィ美術館の入口があります。
コの字型の建物になっていて、三つの回廊に45の展示室があり、2500点の展示品があります。
c0338583_14293445.jpg









美術館に入って最初に階段を上ると、美しい天井画と多数の彫刻が並んでいる回廊にでます。
この回廊に沿って展示室が並んでいます。
c0338583_14123563.jpg









有名な「ヴィーナスの誕生」。ボッティチェリによる1485年頃の作品で、
ギリシャ神話のヴィーナス誕生で愛と美を表現した作品です。
c0338583_14130655.jpg









こちらもボッティチェリ作の初期ルネサンスの代表的絵画「春(プリマヴェーラ)」。
中央に立つヴィーナスを中心に、ギリシャ神話に登場する神々が描かれています。
c0338583_14133695.jpg









トリブーナは美術館の中でも特に美しい部屋。
メディチ家コレクションの中でも重要な作品が集められていて、装飾も豪華で見所のひとつになっています。
c0338583_14150976.jpg










回廊からはアルノ川にかかるヴェッキオ橋の美しい景色を眺めることができます。
c0338583_14160688.jpg










ミケランジェロの作品「聖家族」。1507年頃にテンペラで描かれたパネル画です。
c0338583_14165030.jpg









ミケランジェロの「聖家族」が展示されている部屋。
部屋が広くゆったりと鑑賞できます。
c0338583_14172257.jpg









「受胎告知」は、レオナルド・ダ・ヴィンチの最も初期の代表作です。
左右バランスと幾何学的な構図が見事な作品。
c0338583_14175913.jpg









最後のほうにあった展示室の並び。通路に沿って絵画が展示されていました。
確か十数年前に来たときは無かったと思います。
c0338583_14183465.jpg









回廊の端に眺めのいいカフェテラスがあります。
見晴らしの良いテラスから大聖堂のクーポラやジョットの鐘楼が見えます。
c0338583_14193712.jpg









ヴェッキオ宮殿もすぐ隣に見えます。
景色を見ながらテラスのカフェで一息つくのもいいですね。
c0338583_14190665.jpg





[PR]
by isshiyu143 | 2017-10-29 18:22 | 海外
<< 東寺の紅葉 ライトアップ フィレンツェ街歩き ベッキオ橋 >>