ブルゴーニュ地方の街 ディジョン[Ⅱ]


中世の面影が多く残るデイジョンの街で「フクロウのコース」を順番に辿っていきました。
ちょうどコースの中間ぐらいで旧市街の中心部にあるノートルダム教会に出てきます。

ノートルダム教会は、13世紀に建造られたゴシック様式の教会。
c0338583_15242718.jpg









教会正面に、たくさんのガーゴイル(怪物などをかたどった彫刻の雨どい)が並んでいて、なかなか迫力がありました。
c0338583_15075859.jpg









正面右上の屋根には、からくり時計のようなものが見えます。
c0338583_15090068.jpg









教会の中は、祭壇や柱にステンドグラスからの美しい光が射しこんで、荘厳な雰囲気を醸し出していました。
c0338583_15092361.jpg









色鮮やかな丸いステンドグラス。
c0338583_15102018.jpg









北側や南側の壁にもステンドグラスがいくつも並び、教会の中へ美しい光を注いでいました。
c0338583_15103893.jpg










パイプオルガンの下に飾られた聖母マリアのタペストリー。
c0338583_18541179.jpg









ディジョンの聖母マリア像はフランスで最も古いひとつとされており、聖母が抱いていた幼子イエスはフランス革命の時に紛失したそうです。
c0338583_15105710.jpg









東側(裏側)から見たノートルダム教会。正面が祭壇側になります。
c0338583_15112592.jpg








次に向かったのが、ノートルダム教会の近くにある旧ブルゴーニュ公宮殿のディジョン美術館。
14世紀末、ヴァロワ家ブルゴーニュ公がディジョンの城を豪華な宮殿に改築。
17世紀にはブルゴーニュ公国の官庁となり、現在は美術館になっています。
c0338583_15064146.jpg









ディジョン美術館の見どころは、フィリップ2世とジャン1世の墓が納められた「衛兵の間」。
この台座の彫刻はとても繊細で素晴らしいです。
c0338583_15065691.jpg









美術館には、古代エジプト美術から21世紀の現代美術まで幅広い美術品を所蔵していました。
c0338583_15071502.jpg








美術館を出てノートルダム教会の北側へまわると石畳の道にフクロウが描かれた9番のプレートがありました。
(フクロウのコースは1番~22番まであります。)
c0338583_15114840.jpg








ここには、左手でなでて願いごとをすると叶うといわれている「幸福のフクロウ」の像があります。
フクロウの像は、多くの人々になでられてきたためか、かなり磨り減っていました。
私も旅行の安全を祈念して触ってきました。(あれっ、もしかしたら右手だったかな?)
c0338583_15120232.jpg

このあとディジョンからリヨンへ向かいました。






[PR]
by isshiyu143 | 2018-03-04 21:27 | 海外
<< 京都・東山花灯路 青蓮院のライ... ブルゴーニュ地方の街 ディジョ... >>