人気ブログランキング |

カテゴリ:海外( 57 )

ショパン博物館


ショパンの故郷、ポーランドの首都ワルシャワにショパン博物館があります。
旧市街を散策したあと博物館に立ち寄りました。



ショパン博物館の建物は、真っ白な壁面と赤い屋根が特徴の西洋建築。
17世紀に貴族オストログスキが建てたバロック様式の宮殿内に、
約7000点のショパンの関連資料を展示しています。
2010年のショパン生誕200年に合わせてリニューアルオープンしたそうです。

c0338583_14023080.jpg






博物館は地下1階、地上3階建ての建物で、ここが1階のエントランスになります。
ここで日本語の出来る学生風の女性係員から簡単な説明を受けました。
「最初に1階から見学して次に2階・3階をまわって最後に地下で音楽をゆっくり楽しんでください」と言われ、
階段横にある入口奥の1階展示室からまわりました。
c0338583_14024856.jpg







この部屋の両側にはショパンの生涯をたどる貴重な資料が多数展示されていました。
中央にあるブースではショパンの音楽を聴くことができます。
c0338583_14031466.jpg









c0338583_14033072.jpg








自筆の楽譜もたくさんありました。
c0338583_14034609.jpg









c0338583_14035933.jpg







中央のブースの中では、タッチパネルディスプレイを操作し、
ヘッドホンをつけて音楽を聴くことができます。
c0338583_14041700.jpg









c0338583_14043178.jpg








この部屋は子供が画面を見ながら遊べる部屋になっています。
c0338583_14044590.jpg








これは音楽に関したクイズ形式のタッチパネルになっていました。
c0338583_14045872.jpg









c0338583_14051202.jpg








この部屋はショパンが生涯で旅行した地を一緒に巡れるようになっています。
c0338583_14053009.jpg








各展示室は宮殿造りでシャンデリアなど豪華な雰囲気がありました。
c0338583_14054503.jpg








これは実際ショパンが弾いていた貴重なピアノです。
c0338583_14060005.jpg









c0338583_14061901.jpg









c0338583_14063828.jpg







ここが地下にあるショパンの名曲を思う存分聴けるリスニングコーナーです。
「エチュード」「ポロネーズ」「ワルツ」など、テーブルごとに曲が分かれています。
c0338583_14070104.jpg






ここもヘッドホンをつけてタッチパネルで操作し音楽を聴きます。
このテーブルは、「ノクターン」の曲が流れます。
10以上あったテーブルを一通りまわってほとんどの曲を聴きました。
c0338583_14072145.jpg








この部屋はショパン国際ピアノコンクールの様子が映し出されていた小さなホール。
c0338583_14073897.jpg







博物館で約2時間も過ごしたため、外に出たのが午後4時ごろになり、
あたりはもうすっかり暗くなっていました。昼間は本当に短いです。
c0338583_14075462.jpg



博物館ではショパンの生涯にわたる数々の貴重な展示品や音楽に触れることができ、
人も少なかったのでゆっくり楽しむことができました。






by isshiyu143 | 2019-04-21 17:13 | 海外

雪のワジェンキ公園


明けましておめでとうございます。
新しい年が皆様にとりまして幸多き年となりますよう心よりお祈り申し上げます。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。

昨年の12月17日~12月23日、ポーランドへ旅行しましたので、その旅行記をアップしていきたいと思います。
17日朝、関空を出発しフィンランド経由でポーランドのワルシャワ・ショパン空港に夕方到着しました。
ワルシャワはショパンの故郷、ショパンゆかりの地をいくつか巡ってきました。


到着した翌日、まず最初に向かったのがワルシャワ市内で最も大きな公園のワジェンキ公園。
ワルシャワでは数日前から寒さが厳しくなってきたそうで、日中の最高気温が氷点下1度。
公園もすっかり雪化粧に覆われていました。

公園には柳の木陰で物思いにふけるショパンの大きな像があります。
毎年、5月から9月までの毎週日曜日に、この像の横にグランドピアノを置いて、
ショパンの曲を演奏するショパンコンサートが開催されているそうです。

c0338583_20141137.jpg






1959年に始まったショパンコンサート。ショパン像のまわりにあるベンチや芝生に座りながら
ピアノの音色を気軽に楽しめるので、その時期にワルシャワを訪れる機会があったら
足を運んでみたい場所のひとつですね。

c0338583_20155201.jpg





ショパンコンサートを聴くベンチの後ろに、2010年のショパン生誕200年を記念して
設置されたショパンのベンチが置かれています。
ショパン・ベンチはワルシャワ市内のあちこちに点在し、ベンチにあるボタンを押すと、
ショパンの名曲が10秒ほど流れるようになっています。

c0338583_20165445.jpg







ショパン像の近くに「ピアノの魔術師」フランツ・リスト像(ハンガリー)がありました。
ピアニストとして交流があったそうです。

c0338583_20434497.jpg






公園を歩いていたらリスと出会いました。
木に少し登ったところで、しばらくじっとこちらを見ていました。
c0338583_20445084.jpg








c0338583_20450638.jpg







食べ物が欲しいのでしょうか、あまり逃げようとしません。
c0338583_20454709.jpg







公園の敷地面積は76万m2もあり、とても広かったです。
c0338583_20460836.jpg







公園内の通りの両側には、イルミネーションの飾り付けが並んでいます。
c0338583_20462437.jpg





公園内を進むとワジェンキ宮殿があります。
池のほとりに建っていて、水に浮かんでいるように見えることから水上宮殿とも呼ばれる美しい宮殿。
今回は残念ながら曇り空なので、水面に映す優雅さは見られませんでした。
c0338583_20471832.jpg







池ではたくさんのカモが泳いでいました。
c0338583_20473644.jpg







池に氷が張っていて、とても冷たそうです。
c0338583_20475040.jpg







宮殿の前にはクリスマスツリーが飾られていました。
c0338583_20480480.jpg







宮殿の向こう側に円形劇場が見えます。
c0338583_20482563.jpg







水辺に浮かぶ円形劇場で宮殿主催のコンサートなどがあったのでしょうか。
c0338583_20484125.jpg






今回は雪化粧のワジェンキ公園でしたが、春から夏の時期は花々が咲いてとても美しい公園だそうです。
このあともワルシャワ市内の散策を楽しみました。
c0338583_20493734.jpg


昨年は、大きな地震と大きな台風を初めて経験した年でした。
まだまだ建物など地震の影響は残っていますが、
今年は災害のない良い年になりますように。






by isshiyu143 | 2019-01-07 15:46 | 海外

ブルゴーニュ地方の街 ディジョン[Ⅱ]


中世の面影が多く残るデイジョンの街で「フクロウのコース」を順番に辿っていきました。
ちょうどコースの中間ぐらいで旧市街の中心部にあるノートルダム教会に出てきます。

ノートルダム教会は、13世紀に建造られたゴシック様式の教会。
c0338583_15242718.jpg









教会正面に、たくさんのガーゴイル(怪物などをかたどった彫刻の雨どい)が並んでいて、なかなか迫力がありました。
c0338583_15075859.jpg









正面右上の屋根には、からくり時計のようなものが見えます。
c0338583_15090068.jpg









教会の中は、祭壇や柱にステンドグラスからの美しい光が射しこんで、荘厳な雰囲気を醸し出していました。
c0338583_15092361.jpg









色鮮やかな丸いステンドグラス。
c0338583_15102018.jpg









北側や南側の壁にもステンドグラスがいくつも並び、教会の中へ美しい光を注いでいました。
c0338583_15103893.jpg










パイプオルガンの下に飾られた聖母マリアのタペストリー。
c0338583_18541179.jpg









ディジョンの聖母マリア像はフランスで最も古いひとつとされており、聖母が抱いていた幼子イエスはフランス革命の時に紛失したそうです。
c0338583_15105710.jpg









東側(裏側)から見たノートルダム教会。正面が祭壇側になります。
c0338583_15112592.jpg








次に向かったのが、ノートルダム教会の近くにある旧ブルゴーニュ公宮殿のディジョン美術館。
14世紀末、ヴァロワ家ブルゴーニュ公がディジョンの城を豪華な宮殿に改築。
17世紀にはブルゴーニュ公国の官庁となり、現在は美術館になっています。
c0338583_15064146.jpg









ディジョン美術館の見どころは、フィリップ2世とジャン1世の墓が納められた「衛兵の間」。
この台座の彫刻はとても繊細で素晴らしいです。
c0338583_15065691.jpg









美術館には、古代エジプト美術から21世紀の現代美術まで幅広い美術品を所蔵していました。
c0338583_15071502.jpg








美術館を出てノートルダム教会の北側へまわると石畳の道にフクロウが描かれた9番のプレートがありました。
(フクロウのコースは1番~22番まであります。)
c0338583_15114840.jpg








ここには、左手でなでて願いごとをすると叶うといわれている「幸福のフクロウ」の像があります。
フクロウの像は、多くの人々になでられてきたためか、かなり磨り減っていました。
私も旅行の安全を祈念して触ってきました。(あれっ、もしかしたら右手だったかな?)
c0338583_15120232.jpg

このあとディジョンからリヨンへ向かいました。






by isshiyu143 | 2018-03-04 21:27 | 海外

ブルゴーニュ地方の街 ディジョン[Ⅰ] sanpo


フランス東部のストラスブールからリヨンへ向かう途中、ちょうど中間ぐらいの位置にあるディジョンに立ち寄りました。
ブルゴーニュ地方のディジョンは、美食とワインで有名な街です。
中世にはブルゴーニュ公国の首都として栄え、当時の面影を感じさせる建物もたくさん残っています。


ダルシー広場の前の通り。まわりの建物や雰囲気が少しパリに似ている感じがしました。
c0338583_20324974.jpg









ダルシー広場では、クリスマスマーケットの屋台が並んでいました。
このクリスマスマーケットを通って街の中心へ向かいました。
c0338583_20124545.jpg









ダルシー広場から凱旋門のようなギョーム門をくぐるとメインストリートのリベルテ通りに入ります。
c0338583_20131520.jpg








石畳の道でフクロウのマークをよく見かけます。
フクロウはディジョンのシンボルで、このマークを目印にたどると観光名所を順番に周ることができます。
このフクロウのコース以外にも、ルソー、ゾラ、モーゼの各コースがあるそうです。
c0338583_20134651.jpg









リベルテ通りにはお店が立ち並び、歴史を感じる三角屋根の木組みの建物も見ることができます。
c0338583_20142173.jpg








リベルテ通りを進むとフランソワ・リュード広場に出てきます。
この広場の中央には、ブドウを踏んでるバッカス像やメリーゴーランドがありました。
c0338583_20145123.jpg









ブルゴーニュ地方には多いカラフルな幾何学模様の屋根もよく見られます。
c0338583_20152010.jpg








中世の面影が残る木組みの建物が多いヴェルリー通りに来ました。
ここでは軒下にあるユニークな彫刻も見ることができます。手前の彫刻はウサギの狩猟のようです。
c0338583_20155066.jpg









この彫刻はコンパスや大工道具を持った大工さんでしょうか。
c0338583_20162097.jpg








ディジョンには、チョコレートのお店も沢山ありますが、とても美味しいとの評判で
この通りにある「ファブリス・ジロット(Fabrice Gillotte)」へ行きました。
c0338583_20165698.jpg








チョコレートは大好きなので、いろんな種類の入った30粒ぐらいのセットを買いました。
1粒で1ユーロぐらいだったかな。日本で買うと3倍ぐらいの値段だと思います。
(日本に帰ってきて食べたら、やっぱり美味しかったー。)
c0338583_20172802.jpg








ディジョンは、エスカルゴやマスタードも有名です。(マスタードも購入しました。)
ランチにそのエスカルゴを初めて食べましたが、柔らかいサザエのような感じでした。
c0338583_20180289.jpg








こちらは、マスタードのソースがかかったチキンです。
エスカルゴもチキンも美味しくいただきました。
c0338583_20191769.jpg


ランチのあとも、街の散策をもう少し楽しみました。







by isshiyu143 | 2018-02-25 23:42 | 海外

メルヘンの街 コルマール(Colmar)[Ⅱ]


パステルカラーの可愛い建物が続くポワッソヌリ通り(Quai de la Poissonnerie)の運河沿いから
旧市街の中心へと向かいました。


中央に見えるのが旧市街の中心にある大きな建物のサンマルタン教会。
1234年~1365年にかけて完成した教会で、アルザス地方で最も美しいゴシック建築の一つです。

c0338583_13542313.jpg









川沿いの家々もドイツ風の木組みの家が建ち並び、旧市街はまさに中世の雰囲気でいっぱい!
c0338583_13544312.jpg










ドミニカン教会の横にある広場のクリスマスマーケットに立ち寄りました。
c0338583_13552083.jpg









広場のまわりの建物もクリスマスマーケットの屋台もドイツのような雰囲気です。
c0338583_13562150.jpg









広場の中心にあった大きなツリー。
c0338583_13564702.jpg









木工製品のお店。これもドイツでよく見かけますね。
c0338583_13572246.jpg









名産のアルザスワインを販売しているお店もありました。(一番手前のお店)
c0338583_13573788.jpg








フランス語のヴァン・ショー(Ⅴin chaud)とドイツ語のグリューワイン(Glühwein)
と書かれたお店。
アルザスワインの本場なのできっと美味しいでしょうね。
c0338583_13575884.jpg








ドイツへ行くと必ず食べるのがブレッツェル(Brezel)。
こちらの屋台では、岩塩の付いたものなど何種類かありましたが、このチーズとベーコンの付いたブレッツェルと温かい人参スープを頂きました。
パンもスープもとても美味しかったです。
c0338583_13581423.jpg









ここのクリスマスマーケットも大きかったですが、旧市街では5ヶ所にクリスマスマーケットがあるそうです。
c0338583_13583009.jpg








こちらは「旧税関」。15世紀に建造されたこの建物は、屋根がアルザス独特の格子模様になっていて、
中世時代コルマールの行政・経済の中心地として、輸出入製品に税金をかける場所だったようです。
c0338583_13550741.jpg








ストラスブールからも近いコルマール。
小さな街でしたが、見どころも多く、可愛い建物が立ち並ぶ素敵な街でした。
c0338583_13585508.jpg




by isshiyu143 | 2018-02-12 16:49 | 海外

メルヘンの街 コルマール(Colmar)[Ⅰ] sanpo


ストラスブールから南へ約70km行ったところにあるコルマールを訪れました。
「アルザス・ワイン街道」のほぼ中間に位置し、「アルザス・ワインの首都」とも呼ばれ、
ディズニー映画「美女と野獣」やジブリ映画「ハウルの動く城」などの舞台にもなったそうです。

ドイツとの国境に位置することから、旧市街にはドイツ風の木骨組みの家が建ち並び、
フランスでありながらアルザス地方特有のドイツらしさを残したコルマールは、中世の趣きを残す美しい街。

ポワッソヌリ通り(Quai de la Poissonnerie)の運河沿いには、パステルカラーの可愛い建物が続き、
その美しい風景を眺めながら散策を楽しむことが出来ました。

c0338583_12424474.jpg









アルザス地方特有のコロンバージュ様式(木骨造)の可愛い三角屋根の建物。
c0338583_12430158.jpg








この時期、窓にはクリスマス用の飾り付けがしてありましたが、
春の時期は花々で飾られるので、さらに街並みが美しく映えるでしょうね。
c0338583_12432074.jpg









プティット・ヴニーズ(Petite Venise)と呼ばれる地区。
c0338583_12444096.jpg









運河に沿ってレストランやカフェがあり、運河を眺めながら休憩することが出来ます。
c0338583_12442706.jpg









クリスマス時期なので、運河沿いのカフェテラスにいる人は少なかったかな。
c0338583_12440878.jpg








赤い窓のある右側の建物が屋内市場。
かつては運河を利用して農産物などを運搬し、市場に出していたのでしょうね。
c0338583_12454373.jpg










少し市場の中を覗いてみました。
c0338583_12460041.jpg









こちらは肉屋さん。ハムやソーセージが美味しそうでした。
c0338583_12462129.jpg









こちらは八百屋さん。野菜の大きさや形・色が日本と違うものもあり、美味しさはどうでしょうか?
c0338583_12463672.jpg









こちらはチーズ屋さん。すごく種類が多かったです。
c0338583_12465073.jpg









こちらは果物屋さん。その他、魚屋さんや雑貨屋などたくさんのお店が入っていました。
c0338583_12472904.jpg









運河を小舟で巡ることも出来るみたいで、小舟に乗った観光客がやって来ました。
c0338583_12452460.jpg










運河沿いの可愛い街並みの散策を楽しんだあと、旧市街の中心へ向かいました。
c0338583_12474504.jpg




by isshiyu143 | 2018-02-04 18:15 | 海外

ストラスブール大聖堂


街中がクリスマスイルミネーションやライトアップで華やかに彩られた旧市街で、
その中心に建つのがストラスブール大聖堂。
高さ142m、全長112 mの繊細な彫刻で覆われたゴシック様式の教会です。

教会も美しくライトアップされていました。
c0338583_20184800.jpg









教会の中に入るとクリスマスの時期に飾られるという、大きなタペストリーがいくつも飾られていました。
c0338583_20190703.jpg









教会の正面に見えていた直径13.6mのバラ窓。
c0338583_20192927.jpg








バラ窓は中心の白色から、青色、赤色、黄色、緑色になり、外周は花が咲いたような円形模様になっています。
商業の繁栄を象徴して稲穂が描かれているそうです。
c0338583_21144788.jpg








祭壇中央に見えるステンドグラスは、ストラスブールに本会議場がある欧州議会から贈られた「ストラスブールの聖母」。
ステンドグラスの上部にEUのシンボルマークが見えます。
c0338583_20194963.jpg








教会にはとても多くのステンドグラスが飾られていて、4600パネル以上もあるそうです。
こちらは北側にある12世紀から14世紀のステンドグラス。
c0338583_20200591.jpg








中央北側にあるパイプオルガン。
こちらも14世紀のもので、細かな装飾で飾られていました。
c0338583_20202856.jpg









祭壇の南側に高さ18メートルの大きな天文時計があり、見どころの一つになっています。
c0338583_20204712.jpg









毎日12:30になると人形が一斉に動き出すからくり時計になっています。
c0338583_20210622.jpg









12:30以外でも少しだけ動くそうで、17:00前、時計のまわりに多くの人が集まってきました。
c0338583_20212878.jpg








17:00になり、中央の骸骨(死神)が鐘を鳴らし人形がまわりだしました。
動いたのは数十秒でしょうか、あっという間に終わったので、ちょっとものたりない感じでした。
c0338583_20214804.jpg









教会の中にクレッシュ(Creche)と呼ばれるクリスマスに飾るイエスの誕生を再現した模型が飾られていました。
c0338583_20221227.jpg








教会から出てきた南側から撮影。教会のまわりの広場にもクリスマスマーケット屋台がたくさんあり、
少し屋台をみてから、旧市街の散策を続けました。
c0338583_20222941.jpg




by isshiyu143 | 2018-01-21 17:12 | 海外

ストラスブール クリスマスイルミネーション(2)


ストラスブールの旧市街には11ヶ所のクリスマスマーケットがあり、
各通りはいろいろなイルミネーションで飾られ、建物の軒先には華やかな
デコレーションで飾り付けられ、街中がクリスマスの雰囲気で溢れていました。


大聖堂の正面の通り。天使のイルミネーションが迎えてくれます。
c0338583_00521364.jpg










右側にあったお店の軒先には、ぬいぐるみの可愛いデコレーションが飾ってありました。
c0338583_00522845.jpg










大聖堂左側の通りのイルミネーション。
c0338583_00533655.jpg









通りを歩いていると小さな広場のクリスマスマーケットにでました。
入口にあった大きな星の形のデコレーション。
c0338583_00535199.jpg










広場が小さかったのでクリスマス屋台もちょっと少なかったかな。
c0338583_00540540.jpg









小さなクリスマスマーケットの横にあったお店。
お肉屋さんでしょうか、ブタのデコレーションが飾ってありました。
c0338583_00542226.jpg











c0338583_00532059.jpg









豪華に飾られたデコレーションと色鮮やかなイルミネーションの建物。
狭い通りに面した建物の前で一番多くの人が写真を撮っていました。
c0338583_00544277.jpg










c0338583_00525661.jpg











c0338583_00553852.jpg









大聖堂の広場のクリスマスマーケット。
メリーゴーランドもあって子供たちで賑わっていました。
c0338583_14592208.jpg






フランスにおける「クリスマスの首都」と呼ばれるこの街には、
11月末からクリスマスまでの期間に毎年200万人以上もの人々が訪れるそうです。
アルザス地方はモミの木のクリスマスツリー発祥の地、
歴史的な街並みの中で、クリスマスの素敵な雰囲気に街中包まれて、
世界で最もクリスマスが似合う街なのかもしれませんね。
c0338583_14594934.jpg




by isshiyu143 | 2018-01-06 19:10 | 海外

ストラスブール ブログリー広場のクリスマスマーケット


ストラスブールの旧市街では、クリスマスマーケット(Christkindelsmärik)がいくつもの広場で開催されています。
その中でも一番大きなクリスマスマーケットが1570年から始まったフランス最古の
ブログリー広場のクリスマスマーケット。

ここが入口になります。屋台の通りが3列あり、大きな広場にたくさんの屋台が並んでいました。

c0338583_17383888.jpg









ストラスブールでよく見かける木組みの家の工芸品。
c0338583_17385750.jpg








クリスマス用オーナメントのアーチ型木工工芸品。
ドイツのものより少し凝っている感じがしました。
c0338583_17392013.jpg









キャンドルやハチミツを売っている屋台。
c0338583_17394831.jpg









伝統的なガラス玉のクリスマス用オーナメント。
c0338583_17410239.jpg









こちらは刺繍のクリスマス用オーナメント。
c0338583_17412077.jpg








チョコレートでコーティングされたお菓子。
ウィーンではチョコレートの屋台が多かったですが、ここは少なかったかな。
c0338583_17430452.jpg









ドイツの焼き菓子「シュトーレン」のようなお菓子。
c0338583_17432659.jpg









この屋台はキャンディやクッキーなどのお菓子がたくさん並んでいました。
c0338583_17435870.jpg









この屋台も焼き菓子をたくさん並べていました。
c0338583_17445271.jpg









食べ物の屋台もたくさんあり、ここはホットワインを売っていました。
c0338583_17451633.jpg









大鍋で作った何種類かの料理を売っていましたが、何かよくわかりませんでした。
c0338583_17454016.jpg









バケットにベーコンやソーセージをのせた食べ物を売っている屋台が多かったかな。
c0338583_17460181.jpg









少し食べたくなったので、サンプルを見て注文しました。
c0338583_17462403.jpg








注文したのは、ベーコン・キャベツ・チーズを炒めたものに焼いたソーセージをのせたもの。
6ユーロしましたが、結構、量もあってなかなか美味しかったですよ。
c0338583_17470807.jpg









広いクリスマスマーケットでしたが、一通りまわることができました。
c0338583_17472951.jpg








クリスマスマーケットの大きな飾り付けはなかったですが、屋台で売っている
特産品・工芸品・食べ物など、今まで行った他の国とも違ってなかなか楽しかったです。
このあとも他の広場へ散策を続けました。
c0338583_17474970.jpg




by isshiyu143 | 2017-12-30 21:12 | 海外

ストラスブール クリスマスライトアップ


ストラスブールのクリスマスは、ライトアップやイルミネーションで華やかな雰囲気で包まれます。

巨大なクリスマスツリーが飾られた旧市街中心のクレベール広場でも、
まわりの建物がライトアップで美しく浮かび上がっていました。

c0338583_16383690.jpg









建物の壁にはクリスマスツリーに飾られるろうそくやリンゴが映し出されていました。
c0338583_16385659.jpg









クレベール広場の近くにあるギャラリー・ラファイエット(パリ本店の老舗百貨店)。
c0338583_16420557.jpg









入口の上にあるクリスマスツリーも豪華です。
c0338583_16422104.jpg









ギャラリー・ラファイエットの横にある通りのイルミネーションも美しい。
c0338583_16423744.jpg








フランス最大のクリスマスマーケットがあるブログリー広場通りの建物も
色鮮やかなライトアップで照らされていました。
c0338583_16393903.jpg










時間とともに次々と色が変化します。
c0338583_16400747.jpg










c0338583_16402435.jpg










c0338583_16404695.jpg










c0338583_16411630.jpg









しばらくライトアップを楽しんだ後、すぐ横にあるクリスマスマーケットへ向かいました。
c0338583_16413708.jpg




by isshiyu143 | 2017-12-29 20:52 | 海外