<   2018年 02月 ( 3 )   > この月の画像一覧

ブルゴーニュ地方の街 ディジョン[Ⅰ] sanpo


フランス東部のストラスブールからリヨンへ向かう途中、ちょうど中間ぐらいの位置にあるディジョンに立ち寄りました。
ブルゴーニュ地方のディジョンは、美食とワインで有名な街です。
中世にはブルゴーニュ公国の首都として栄え、当時の面影を感じさせる建物もたくさん残っています。


ダルシー広場の前の通り。まわりの建物や雰囲気が少しパリに似ている感じがしました。
c0338583_20324974.jpg









ダルシー広場では、クリスマスマーケットの屋台が並んでいました。
このクリスマスマーケットを通って街の中心へ向かいました。
c0338583_20124545.jpg









ダルシー広場から凱旋門のようなギョーム門をくぐるとメインストリートのリベルテ通りに入ります。
c0338583_20131520.jpg








石畳の道でフクロウのマークをよく見かけます。
フクロウはディジョンのシンボルで、このマークを目印にたどると観光名所を順番に周ることができます。
このフクロウのコース以外にも、ルソー、ゾラ、モーゼの各コースがあるそうです。
c0338583_20134651.jpg









リベルテ通りにはお店が立ち並び、歴史を感じる三角屋根の木組みの建物も見ることができます。
c0338583_20142173.jpg








リベルテ通りを進むとフランソワ・リュード広場に出てきます。
この広場の中央には、ブドウを踏んでるバッカス像やメリーゴーランドがありました。
c0338583_20145123.jpg









ブルゴーニュ地方には多いカラフルな幾何学模様の屋根もよく見られます。
c0338583_20152010.jpg








中世の面影が残る木組みの建物が多いヴェルリー通りに来ました。
ここでは軒下にあるユニークな彫刻も見ることができます。手前の彫刻はウサギの狩猟のようです。
c0338583_20155066.jpg









この彫刻はコンパスや大工道具を持った大工さんでしょうか。
c0338583_20162097.jpg








ディジョンには、チョコレートのお店も沢山ありますが、とても美味しいとの評判で
この通りにある「ファブリス・ジロット(Fabrice Gillotte)」へ行きました。
c0338583_20165698.jpg








チョコレートは大好きなので、いろんな種類の入った30粒ぐらいのセットを買いました。
1粒で1ユーロぐらいだったかな。日本で買うと3倍ぐらいの値段だと思います。
(日本に帰ってきて食べたら、やっぱり美味しかったー。)
c0338583_20172802.jpg








ディジョンは、エスカルゴやマスタードも有名です。(マスタードも購入しました。)
ランチにそのエスカルゴを初めて食べましたが、柔らかいサザエのような感じでした。
c0338583_20180289.jpg








こちらは、マスタードのソースがかかったチキンです。
エスカルゴもチキンも美味しくいただきました。
c0338583_20191769.jpg


ランチのあとも、街の散策をもう少し楽しみました。







[PR]
by isshiyu143 | 2018-02-25 23:42 | 海外

メルヘンの街 コルマール(Colmar)[Ⅱ]


パステルカラーの可愛い建物が続くポワッソヌリ通り(Quai de la Poissonnerie)の運河沿いから
旧市街の中心へと向かいました。


中央に見えるのが旧市街の中心にある大きな建物のサンマルタン教会。
1234年~1365年にかけて完成した教会で、アルザス地方で最も美しいゴシック建築の一つです。

c0338583_13542313.jpg









川沿いの家々もドイツ風の木組みの家が建ち並び、旧市街はまさに中世の雰囲気でいっぱい!
c0338583_13544312.jpg










ドミニカン教会の横にある広場のクリスマスマーケットに立ち寄りました。
c0338583_13552083.jpg









広場のまわりの建物もクリスマスマーケットの屋台もドイツのような雰囲気です。
c0338583_13562150.jpg









広場の中心にあった大きなツリー。
c0338583_13564702.jpg









木工製品のお店。これもドイツでよく見かけますね。
c0338583_13572246.jpg









名産のアルザスワインを販売しているお店もありました。(一番手前のお店)
c0338583_13573788.jpg








フランス語のヴァン・ショー(Ⅴin chaud)とドイツ語のグリューワイン(Glühwein)
と書かれたお店。
アルザスワインの本場なのできっと美味しいでしょうね。
c0338583_13575884.jpg








ドイツへ行くと必ず食べるのがブレッツェル(Brezel)。
こちらの屋台では、岩塩の付いたものなど何種類かありましたが、このチーズとベーコンの付いたブレッツェルと温かい人参スープを頂きました。
パンもスープもとても美味しかったです。
c0338583_13581423.jpg









ここのクリスマスマーケットも大きかったですが、旧市街では5ヶ所にクリスマスマーケットがあるそうです。
c0338583_13583009.jpg








こちらは「旧税関」。15世紀に建造されたこの建物は、屋根がアルザス独特の格子模様になっていて、
中世時代コルマールの行政・経済の中心地として、輸出入製品に税金をかける場所だったようです。
c0338583_13550741.jpg








ストラスブールからも近いコルマール。
小さな街でしたが、見どころも多く、可愛い建物が立ち並ぶ素敵な街でした。
c0338583_13585508.jpg




[PR]
by isshiyu143 | 2018-02-12 16:49 | 海外

メルヘンの街 コルマール(Colmar)[Ⅰ] sanpo


ストラスブールから南へ約70km行ったところにあるコルマールを訪れました。
「アルザス・ワイン街道」のほぼ中間に位置し、「アルザス・ワインの首都」とも呼ばれ、
ディズニー映画「美女と野獣」やジブリ映画「ハウルの動く城」などの舞台にもなったそうです。

ドイツとの国境に位置することから、旧市街にはドイツ風の木骨組みの家が建ち並び、
フランスでありながらアルザス地方特有のドイツらしさを残したコルマールは、中世の趣きを残す美しい街。

ポワッソヌリ通り(Quai de la Poissonnerie)の運河沿いには、パステルカラーの可愛い建物が続き、
その美しい風景を眺めながら散策を楽しむことが出来ました。

c0338583_12424474.jpg









アルザス地方特有のコロンバージュ様式(木骨造)の可愛い三角屋根の建物。
c0338583_12430158.jpg








この時期、窓にはクリスマス用の飾り付けがしてありましたが、
春の時期は花々で飾られるので、さらに街並みが美しく映えるでしょうね。
c0338583_12432074.jpg









プティット・ヴニーズ(Petite Venise)と呼ばれる地区。
c0338583_12444096.jpg









運河に沿ってレストランやカフェがあり、運河を眺めながら休憩することが出来ます。
c0338583_12442706.jpg









クリスマス時期なので、運河沿いのカフェテラスにいる人は少なかったかな。
c0338583_12440878.jpg








赤い窓のある右側の建物が屋内市場。
かつては運河を利用して農産物などを運搬し、市場に出していたのでしょうね。
c0338583_12454373.jpg










少し市場の中を覗いてみました。
c0338583_12460041.jpg









こちらは肉屋さん。ハムやソーセージが美味しそうでした。
c0338583_12462129.jpg









こちらは八百屋さん。野菜の大きさや形・色が日本と違うものもあり、美味しさはどうでしょうか?
c0338583_12463672.jpg









こちらはチーズ屋さん。すごく種類が多かったです。
c0338583_12465073.jpg









こちらは果物屋さん。その他、魚屋さんや雑貨屋などたくさんのお店が入っていました。
c0338583_12472904.jpg









運河を小舟で巡ることも出来るみたいで、小舟に乗った観光客がやって来ました。
c0338583_12452460.jpg










運河沿いの可愛い街並みの散策を楽しんだあと、旧市街の中心へ向かいました。
c0338583_12474504.jpg




[PR]
by isshiyu143 | 2018-02-04 18:15 | 海外